サイト内の現在位置

【Webシンポジウム】AIを安心して活用する「プロセス」のイシューを考える

(本イベントは終了いたしました。多数の皆様のご参加、誠にありがとうございました)

DX(デジタルトランスフォーメーション)時代に企業組織を含めた社会全体の大きな変革が求められる中、AIは、急速に広範かつ深く、社会に普及しつつあります。しかしながら、そのAIの普及によって、さまざまな新しい問題が指摘されるようになってきています。

このような状況を鑑み、NECと東京大学は、昨年度から3ヵ年プロジェクトして、AIサービスのリスクマネジメントやAIに関する規制のあり方、AI社会のために見るべきデータなどに関するテーマに文理融合で取り組んでいます。昨年度シンポジウム(※1 下記リンク)では、研究内容の紹介やパネルディスカッションを通して、プロジェクト全体が、 AIを安心して活用するための「プロセス」に注目を行っているという共通点が見えてきました。

本年度シンポジウムでは、その共通点を踏まえ、それらテーマが今年度取り組んだ内容について、研究を推進していただいている東京大学の先生方にご講演をしていただきます。そしてパネルディスカッションにおいて、 AIを安心して活用するための「プロセス」について、さらに考えるべきイシューの整理や、現在の企業活動・日本社会が今後強化していくべき点などについて議論を行います。

開催概要

会期
2022年3月18日(金) 13:30 ~ 15:30
会場
オンライン開催
zoom(お申し込み後に接続IDをお知らせいたします)
主催
NEC(主催)
東京大学未来ビジョン研究センター(共催)
東京大学大学院工学系研究科(共催)
参加費
無料

登壇予定者

所属 氏名
東京大学未来ビジョン研究センター センター長 教授 城山英明
東京大学大学院法学政治学研究科 教授 宍戸常寿
東京大学未来ビジョン研究センター 准教授 江間有沙
東京大学大学院法学政治学研究科附属 ビジネスロー・比較法政研究センター 特任講師 小川 亮
東京大学大学院工学系研究科 システム創成学専攻 教授 大澤幸生
東京大学大学院工学系研究科 システム創成学専攻 講師 早矢仕晃章
NEC グローバルイノベーション戦略本部 本部長 菅原弘人

プログラム

時間 内容・登壇者
1:15~ 受付開始
  オープニング
1:30-1:45 開会の挨拶・今年度の活動の狙い:菅原弘人

【講演内容】
近年、人工知能(AI)の進化・発展は目覚ましく、それにともない、これまでは直面したことがない新たな課題も顕在化しつつあります。NECは、AIの社会実装に向けたAIのリスクマネジメントや社会受容性に関する議論を、東京大学の知を活用した文理融合で昨年度から進めています。本発表では、2年目となるNECと東京大学との活動の全体像を話しつつ、本活動とNECの企業活動との関係について紹介します
1:45-2:00 AIサービスリスクマネジメントの実践に向けて:江間有沙

【講演内容】人工知能(AI)が様々な分野に実装される中、開発者やサービス提供者は安全性や公平性の問題への対応が求められています。国や企業によるAIに関する原則やガイドラインを実践に落とし込んでいくためにも、組織内での議論の場づくりやインセンティブ設計が重要となります。本講演では、東京大学で研究・開発しているRisk Chain Modelというフレームワークを、組織内の教育や研修にどのように用いていけるかどうか、皆様と一緒に議論します。
2:00-2:15 遠隔・生体・認証に対する市民の評価軸:小川亮

【講演内容】欧州委員会のAI規則案においては、自然人の遠隔生体認証のためのAIシステムはすべて厳格な規制を受けるものとされています。それでは、日本においてはどのような規制が適切なのでしょうか。それを考えるための準備として、市民が遠隔生体認証システムのどのような点に対してどのような評価軸を重視しているのかを明らかにする社会調査を行いました。本講演では、その概要を報告した上で、日本社会にとってのその含意を検討します。
2:15-2:35 AI社会における未踏データ設計の意義と課題:早矢仕晃章

【講演内容】AI技術の進展により、データ利活用による様々なソリューションが実社会に浸透しつつあります。しかし、私たちは未だ実世界のほんの一部しか理解しておらず、そのわずかな部分をデータ化し利用しているに過ぎません。本講演では、ダイナミックに変化する人々の認識や知識と直接結びついていない領域の潜在的なデータ(未踏データ)を掘り起こし、新たなAIに対する社会受容性や倫理的課題、未観測事象のデータ化及び意思決定支援の事例を紹介しつつ、皆さまと一緒に議論したいと思います。
2:35-3:25 パネルディスカッション:城山英明(コーディネーター)

【パネルディスカッション内容】
前半で講演された各研究テーマを踏まえ、AIを安心して活用するための「プロセス」について、さらに考えるべきイシューの整理や、現在の企業活動・日本社会が今後強化していくべき点などについて登壇者間での議論を行います
3:25-3:30 クロージング
  • 講演内容は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

本イベントにつきましては下記ボタンよりお問い合わせください。(フォームが開きます)

【Webシンポジウム】AIを安心して活用する「プロセス」のイシューを考える お問い合わせ

個人情報に関する同意事項必須

<個人情報の取扱いについて>
以下の個人情報の取扱いについてご了承いただけましたら、お名前、住所等のご記入をお願い申し上げます。
1. 事業者名
 日本電気株式会社(以下、当社)
2. 個人情報保護管理者
 (職名)菅原弘人 グローバルイノベーション戦略本部 本部長
 (連絡先)下記、「個人情報に関するお問い合わせ先」
3. 個人情報の利用目的
 ご入力いただきましたお客様自身の個人情報、お客様が閲覧したページ、問い合わせ等と組み合わせたアクセスログ情報は、以下の目的のみに利用いたします。
 ・お問い合わせいただいた内容やご要望への対応
 ・ご要求いただいた資料の発送や確認した結果のお客さまへの報告
 ・各種情報の提供(DM、FAX、E-mail、電話等)
 ・IT・ネットワークソリューション事業に関連して、より良いソリューションのご提案に向けた活動(顧客ニーズの分析、当社商品・サービスの開発、評価収集・分析、提案活動など)
 ・当サイトのお客様のアクセス傾向の分析
4. 個人情報の第三者提供
 お預かりした個人情報は、3項の利用目的を達成するために限り、以下の第三者提供を行う場合があります。その他、法令等に特段の定めがある場合を除き、第三者への提供は一切いたしません。
 ①第三者に提供する目的
  3.項記載の利用目的の範囲
 ②提供する個人情報の項目
  ご入力いただきましたお客様の個人情報(お名前、電話番号、お問い合わせ内容等)
 ③提供の手段または方法
  暗号化等の安全管理措置を施した上で提供
 ④提供を受ける者
  ・NECグループ各社
5. 個人情報の取扱いの委託
 上記利用目的の範囲内で業務を行うために、個人情報の取扱いをNECグループ会社およびパートナー企業へ委託する場合があります。
6. 個人情報のご提供の任意性
 お客様の個人情報の提供を持ちまして、お問い合わせの対応やお客様へのサービス並びにソリューションの提供などをさせて頂きますが、お客様の個人情報のご提供は任意です。
7. 安全管理措置
 ご記入いただきましたお客様の個人情報は、漏えい、滅失、毀損を防止するための安全管理措置を施し、当社および委託先企業が運営するサーバで適切に管理させていただきます。
8. 容易に認識できない方法による個人情報の取得
 このウェブサイトには、お客さまが再度このウェブサイトにアクセスされた時に一層便利に利用していただけるよう、「クッキー」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。
 「クッキー」とは、ウェブサーバがお客さまのコンピュータを識別する業界標準の技術です。
 「クッキー」はお客さまのコンピュータを識別することはできますが、お客さまが個人情報を入力しない限りお客さま自身を識別することはできません。なお、お使いのブラウザによっては、その設定を変更してクッキーの機能を無効にすることはできますが、その結果ウェブページ上のサービスの全部または一部がご利用になれなくなることがあります。
9. その他
 当社の個人情報保護方針および個人情報の取扱いに関する詳細は、当社ホームページをご覧ください。
 NEC個人情報保護方針:
 https://jpn.nec.com/site/privacy/
10. 個人情報に関するお問い合わせ先
 お預かりいたしましたお客様の個人情報に関するお問い合わせ、ご相談、開示等(開示、訂正、削除、利用停止等)をお求めになる場合は、下記までご連絡ください。
 <個人情報に関するお問い合わせ先>
 グローバルイノベーション戦略本部 シンポジウム事務局
 連絡先:nec-aielsi@rdpo.jp.nec.com
11. お問い合わせへの回答
 NECおよびNECグループ会社、販売店からご連絡を差し上げることがあります。また、お問い合わせ内容によっては、電話や書面にて回答させていただく場合があります。
 なお、ご要望に沿えない場合もありますので予めご了承ください。
 土曜日、日曜日・祝日など当社休業日および営業時間外に頂いたお問い合わせにつきましては、翌営業日以降の受付とさせて頂きますのでご了承ください。(当社営業時間:平日午前8:30~午後5:15)
12. 回答電子メールの転載、二次利用
 当社からお客さまへ回答として送信する電子メールは、お客さま個人宛てにお送りするものですので、回答内容の一部または全部を転載、二次利用することはご遠慮ください。

送信完了

送信失敗

お問い合わせありがとうございました。担当者からご連絡させていただきますので、少々お待ちください。