サイト内の現在位置

【経営課題をDXで解決】あの企業も始めているwithコロナ時代の新しいIoT在庫管理とは

~製造業向けIoTセミナー~

日本電気株式会社及び株式会社スマートショッピングは、11月10日に日系製造業様向けに、withコロナ時代に対応した「IoTによる新しい在庫管理のあり方」をテーマにWebinarを実施させて頂きます。

米中対立や新型コロナの影響により日系製造業を取り巻く事業環境は著しく変化しており、デジタル技術を駆使した事業運営の見直しや、業務プロセスの変革が求められています。
こうした中、在庫管理の観点からDX推進・事業継続を行うITの活用についてご紹介します。
ご多用とは存じますが、皆様のご参加を心からお待ちしております。

開催概要

日時
2021年11月10日(水)  15:00~15:45  (受付開始 14:45)
※上記時間は日本時間で記載しております。
 シンガポール・マレーシア・フィリピン時間:14:00~14:45  (受付開始 13:45)
 タイ・ベトナム時間           :13:00~13:45  (受付開始 12:45) 
会場
Webセミナー
※開催前までに接続方法をメールでご連絡いたします。
主催
NEC 株式会社スマートショッピング
定員
500名
対象
タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、フィリピンへ進出済、もしくは今後進出を検討されている日系製造業様
お申し込み
締め切り
2021年11月9日(火)17:00まで
※時間は日本時間で記載しております。
※定員に達し次第締め切らせて頂きます。
プログラム
(日本時間)
内容
15:00~15:03
  (3分)
はじめに
15:03~15:33
  (30分)
第1部
DX推進・感染症対策ソリューション スマートマット・クラウドのご紹介
  株式会社スマートショッピング 執行役員 下原 良輔

 米中対立を始めとして東南アジアの日系製造業を取り巻く事業環境は著しく変化しており、デジタル技術を駆使した
 事業運営の見直しや、業務プロセスの変革が求められています。
 加えて、With COVID-19の環境下では、従業員の感染防止対策と事業継続対応という新たな視点での取組も必要となります。
 今回、遠隔在庫管理によりDX化を推進、感染症対策としても製造業に広く採用されているスマートマットという
 IoT重量計について、導入事例を中心にご紹介致します。
 なお、今回は特別お得キャンペーンをご用意しております。
15:33~15:40
  (7分)
第2部
NECのものづくりグローバル事業取り組みのご紹介
  NEC 第一製造業ソリューション事業部 高瀬 大介

 NECは、自社におけるものづくり革新活動と、独自の先端技術を活用したIoT/AIの実証・実装に取り組んでおり、
 グローバルに事業を展開しています。
 当日は東南アジアの日系企業様向けのシステム導入の取り組みについて、事例を交えながらご紹介致します。
15:40~15:45
  (5分)
Q&A
  • プログラム内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

◇スマートマットとは?


  • スマートマットは、無線通信機能が搭載されたデジタル計量器です。
    スマートマットの上に物を置くだけで、重さから残量を自動計測し、データをクラウド上に保存。クラウド管理画面から実在庫の確認が可能となる、新しい現場IoTツールとなります。
    ケーブルレスのため設置場所も選ばず、管理したい物の重量、大きさに応じて最適なマットのサイズを選択することが可能です。
    多種多様な物品の在庫管理・棚卸・発注業務に活用できることから、その用途は日系製造業の工場やオフィスの他、飲食店、倉庫、小売店、病院などさまざまな現場に広がっている、新しいIoTツールとなります。

◇導入効果

  • 商品の遠隔監視による在庫管理の省人化、感染対策
  • 棚卸/在庫確認の自動化、従業員の業務負担軽減
  • 定期棚卸や発注業務の効率化
  • 顧客に納品している商品の補充タイミングや配送ルート見直し、最適化
  • 顧客対応などの付加価値を生む業務時間の創出

お問い合わせ

NEC・株式会社スマートショッピング
Webセミナー事務局
global@seminar.jp.nec.com