サイト内の現在位置

【自治体限定】水道事業のDX化とは? ~NEC水道窓口クラウドサービスセミナー~

水道事業は、人口減少等による水需要の減少、老朽化・維持コストの増大、ベテラン職員の退職に伴う技術力の低下などの課題があると考えます。このような課題を解決し安全安心な水資源の継続供給を行うために、住民サービス向上と業務効率化をICTのチカラで実現するのが、『NEC水道窓口クラウドサービス』です。

本サービスは、スマートフォンを用いて使用水量及び水道料金のお知らせ、使用開始・中止、支払い方法変更などの手続きのオンライン化、電子決済によるキャッシュレス支払い、プッシュ通知によるきめ細やかな情報提供などを実現する、全国初の住民様向けアプリケーションサービスです。
スマートメーターとの親和性も高いため、規模によらずご利用いただけるようなサービスを目指しています。

本セミナーでは、地方公共団体の水道事業体様向けに、NEC水道窓口クラウドサービスについて事例を交えてご紹介します。

▽▼水道事業体様に以下のメリットを提供します▽▼
・ICT活用による電気やガスに並ぶ新しい住民サービスの提供
・運用コストの低減と、ペーパーレス化による業務効率化を実現
・窓口業務のオンライン化により住民様、職員様の密を回避
・標準インターフェースにより、料金システムベンダを選ばず導入可能

開催概要

日時
2021年7月28日(水)  15:00~16:00  (受付開始 14:45)
会場
Webセミナー  
※本セミナーは「Zoom」を利用して開催します。
※ご受講の際は、PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要となります。
※開催前までに接続方法をメールでご連絡いたします。
主催
NEC
参加費
無料(事前申込み制)
定員
300名
対象
自治体において上下水道やDXに関わられている方
お申し込み
締め切り
お申込みは締め切りました。
たくさんのお申込みをいただき、誠にありがとうございました。

プログラム

時間 講演内容
15:00-15:05 『はじめに』
15:05-15:30 『NEC水道窓口クラウドサービスについて』

【講師】 NEC 公共ソリューション事業部 依田 朔也
15:30-15:40 『堺市様等の事例ご紹介』

【講師】NEC 公共ソリューション事業部 依田 朔也
15:40-15:55  質疑応答
15:55-16:00 『さいごに』
  • プログラムの内容は変更となる場合がございます。
 

お問い合わせ

NEC
IMC本部 / セミナー事務局
nec_safer_cities@imc.jp.nec.com