サイト内の現在位置

製造業を強くするAI導入の秘訣 WEBセミナー

製造業におけるデジタルトランスフォーメーションの一つとして、AI活用が広がっています。
その一方で、AIプロジェクトをスタートしたものの思ったように進まない、現場で活用できない、という声も
よく聞くようになりました。

本Webinarでは、さまざまな製造業様へのAI導入を支援しているシニアデータアナリストから
AI導入~活用のポイントや、現場担当者が使いこなせる製造現場のためのAIを、事例を交えてご紹介します。


~ 製造現場のためのAI ~
・品質管理の向上・安定操業を実現する「インフラ設備劣化や生産設備の異常を検知」するAI
・三密を避けるため「ロボット連携できる外観検査」AI
・製品から素材・部材まで「画像認識による個体識別」AI

開催概要

日時
2021年7月6日(火)  13:00~15:00  (受付開始 12:45)
会場
Webセミナー  
※本セミナーは「Zoom」を利用して開催します。
※ご受講の際は、PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要となります。
※開催前までに接続方法をメールでご連絡いたします。
主催
NEC
参加費
無料(事前申込み制)
定員
300名
対象
製造業で「AI導入の知識やスキルに不安がある」
    「AI導入にむけて周囲の理解が得られない」等でお悩みの方
お申し込み
締め切り
2021年7月5日 15:00まで
※定員に達し次第締め切らせていただきます。
※同業のお客様はお断りさせていただく場合がございます。

プログラム

時間 講演内容
13:00-13:40
【Q&Aあり】
『生産現場におけるIoT/AIの活用と実際』

ここ最近、IoT/AIを活用しようとする動きは大規模プラントから、組み立てや加工などの生産現場に広がってきました。
今までの見える化から「収集データ活用」に視点が移ってきている中、何をどうやれば良いのかと
戸惑っている現場も多くあります。
現場での活用事例をもとに、データ活用における課題や実際の進め方のポイント、
検査への活用についてご紹介します。

【講師】 NEC AI・アナリティクス事業部 シニアデータアナリスト 相馬 知也
13:40-13:45  休憩
13:45-14:15
【Q&Aあり】
『新ID管理方法で注目の画像認識。NECのGAZIRUで実現!』

工場DX化の波に乗り、トレーサビリティ実現に向けた相談が増加傾向にある中、
従来のバーコードやRFIDが装着出来ない素材・部品に対してもID管理は不可欠。
NECの画像認識AI技術「GAZIRU」を活用し、メッシュ細かいトレーサビリティを一緒に創り上げましょう!

【講師】 NEC AIプラットフォーム事業部 エキスパート 中西 佑一
14:15-14:20  休憩
14:20-14:50
【Q&Aあり】
『AI画像認識技術による外観検査ソリューションで業務効率化!』

外観検査自動化の適用には、AI技術だけでなく撮影方法やデータの前処理など様々なノウハウが重要とされます。
NECでは長年研究してきたAI技術に加え、カメラベンダー連携によるノウハウを活かし、
ロボット含む撮像環境、画像前処理、AI判定までワンストップでご支援します。

【講師】NEC AIプラットフォーム事業部 担当 松本 勇矢
  • プログラムの内容は変更となる場合がございます。
 

お問い合わせ

NEC
IMC本部 / セミナー事務局
nec_the_wise_info@imc.jp.nec.com