サイト内の現在位置

Google Cloud 製造業向け ソリューション ウェビナー 〜 クラウドの技術を活用し、モノの写真から製品の個体管理を実現 〜

現在、製造業様においてサプライ チェーン ロジスティクス、マネジメントの最適化を目的とした、製品の分別・管理をクラウドの技術を活用し、データを可視化するニーズが増えてきております。こうした背景には、適切な商品を勧めてくれるツールや、必要なものを簡単に見つけるのにツールが求められ、製品の管理全体がこれまで以上に迅速になり、ユーティライズされることが望まれているためです。商品管理数の多い小売業においては、そういった技術がすでに活用されておりますが、多くの製造業様が今後クラウド技術を導入し、このようなニーズへの対応を図って行くことが予想されます。

本セミナーでは、日本電気株式会社、株式会社GAZIRU、Google Cloud Japan共催で、実践事例のご紹介、また利用イメージを分かりやすく確認いただけるデモも行います。お客様のものづくり改革につながる情報をお届けします。ぜひご参加ください。

開催概要

会期
2020年12月2日 (水) 15:00~16:10
会場
Webセミナー
※開催前までに接続方法をメールでご連絡いたします。
主催
グーグル・クラウド・ジャパン合同会社(共催:日本電気株式会社、株式会社GAZIRU)
参加費
無料
対象
製造業 生産技術部門・設備部門・製造部門・品質部門・保全部門、及び、IT戦略部門の方

プログラム

時間 内容
15:00~15:05 オープニングのご挨拶

(グーグル・クラウド・ジャパン合同会社)
15:05~15:35 モノの写真を使って製品の個体管理を実現できる「GAZIRU個体識別サービス」のご紹介

【セッション内容】
高性能かつ高信頼なモノづくりを実現する上で、大量生産される製造物やその構成部品の個体管理・トレーサビリティを如何に実現するかが重要です。バーコードやシリアル番号、タグを使った個体管理が一般的ですが、これら手段の利用が困難なケースは少なくありません。このような場合、製造物の個体差をカメラで捉え、画像認識によって個々を見分けることが有効な手段になり得ます。本セッションでは、製品そのものの写真(画像)によって個体識別を実現する「 GAZIRU 個体識別サービス」をご紹介いたします。

(日本電気株式会社、株式会社GAZIRU)
15:35~16:05 Google Cloudにおける製造業むけソリューションのご紹介

【セッション内容】
製造業のお客様において、AI/機械学習やデータ分析など、様々な形でクラウドの利用が拡大しております。本セッションでは、”なぜ今、Google Cloudなのか?”、そして、製造業お客様の課題を解決できる Google Cloudソリューションを事例をまじえてご紹介します。

(グーグル・クラウド・ジャパン合同会社)
16:05~16:10 ライブQ & A・アンケート入力
  • 講演内容は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社
イベント事務局
google-cloud-event@google.com