サイト内の現在位置

IoT/AI活用で加速するNew Normal時代のスマートファクトリーとは

日本の製造業はいま、労働力不足、サプライチェーンの分断など、COVID-19を含め次々と起こる課題への変動対応力が求められています。

これに対し製造業では、ものづくりにおいて従来から抱えていた課題をデジタルで早急に解決しようとする機運が高まっています。

本セミナーではNew Normal時代のスマートファクトリーという観点でIoT/AI活用による製造業の「ものづくりのあるべき姿」についてお伝えいたします。

開催概要

会期
2020年9月23日(水) 15:00~16:55 (接続開始 14:45)
会場
Webセミナー
※本セミナーは「Zoom」を利用して開催いたします。
※視聴URLなど視聴方法については前日までにメールにてご案内いたします。
主催
NEC
参加費
無料
定員
500名(事前申込制)
お申し込み
締め切り
2020年9月18日(金) 12:00まで
※定員に達し次第締め切らせていただきます 。
※同業のお客様はお断りさせていただく場合がございます。

このような方におすすめのセミナーです。

  • スマートファクトリー化をどのようにを進めたら良いかわからない
  • IoT/AIを活用して、業務における属人性を減らしたい
  • IoT/AIを現場に定着したいがしきれない/導入が進まない

プログラム

時間 内容
15:00-15:30 『NECの考えるNew Normal時代のスマートファクトリーとは』
  <講  師>NEC スマートインダストリー本部 マネージャ 大石 和人
不確実性が一層高まる中で、製造業には高い変動対応力が求められています。
そうした事業環境の中で期待を集める、New Normal時代におけるスマートファクトリーについてご説明します。
さらに、今後より本格的な活用が期待されるAIについて、業務現場での活用における成功に向けたポイントを
解説します。

★Q&Aタイムあり
15:30-15:40 休憩
15:40-16:10 『製造業向けAIテンプレートを活用した定着化アプローチ』
  <講  師>NEC デジタルビジネス基盤本部 マネージャ 後藤 範人
AI活用を現場に定着化させるためには、データサイエンティストなどの専門家に頼るだけではうまくいきません。
業務現場を知る業務専門家との協働が不可欠です。
NECでは、業務の専門家によるAI活用を加速するために、テンプレートを提供しています。
NECのAI導入事例から開発された、業務起点ですぐに使えるAIテンプレートを活用した、業務現場への
定着化アプローチを、デモを交えながらご紹介します。

★Q&Aタイムあり
16:10-16:20 休憩
16:20-16:50 『New Normal時代の製造業を支えるNECのAI外観検査』
  <講  師>NEC AIプラットフォーム事業部 主任 古岡 佑也
製造検査・検品工程の省人化・品質平準化を実現するAI外観検査SL「AIVI:AI Visual Inspection」の導入事例を、
デモを交えながらご紹介します。
AIVIに搭載するディープラーニングSW「RAPID機械学習」を使ったAIモデル作成方法、AIモデル性能を最大化する
撮像系構築ポイントをご説明すると共に、New Normal時代の新たな画像解析SLについてもご紹介します。 

★Q&Aタイムあり
16:50-16:55 アンケート
  • プログラム内容は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

NEC
IMC本部 セミナー事務局
nec_the_wise_info@imc.jp.nec.com