サイト内の現在位置

【Webセミナー】セキュリティ脆弱性からシステムを守るためのOSS利活用手法

#StayHomeでWebセミナー NECのOSS活用事情もみせちゃいます!

開発コストダウン、納期短縮、ベンダーロックイン回避といった多くのメリットから、活用が当たり前となってきたオープンソースソフトウェア(OSS)ですが、そのリスクを正しく理解・管理がされていますか?

今回セミナーでは、Synopsys社の講師より同社が公表する最新のリスク分析レポートを基に、OSSのセキュリティ、ライセンス・コンプライアンスのリスク状態を詳細に分析した最新動向のご解説します。
また、現場の開発シーンにフォーカスした、NECが実践するOSSリスク対策の取り組みも、開発中の新システムをお見せしながらご紹介していきます。

開催概要

日時
2020年9月11日(金)  15:30~17:00  (受付開始 15:15)
Webセミナー形式です。会場での実施はありません
※開催URLはお申込みの際にご記入頂いたE-mailアドレスに別途ご案内いたします
会場
Webセミナー  Webセミナー(Webex)
※開催前までに接続方法をメールでご連絡いたします。
主催
日本電気株式会社、日本シノプシス合同会社(共催)
参加費
無料
対象
OSSを自社内で活用している方、OSSリスクに関心をお持ちの方、社内でOSSを活用普及させたい方など
お申し込み
締め切り
2020年9月10日(木)17時まで
※競合他社様からのお申込みはお断りをさせていただく場合がございます。予めご了承ください
プログラム
時間 内容
15:30-16:00 1. オープンソースのセキュリティとリスクに関する最新動向と分析
 日本シノプシス ソフトウエア・インテグリティ・グループ
16:00-16:45 2. 新社内システムも紹介!NECが実践するOSSリスク対策の取り組み
 NEC OSS推進センター
16:45-17:00 3. Q&A (チャット機能を用いて)

お問い合わせ

NEC 先端SI技術開発本部
OSS推進センター イベント事務局
synopsys-nec@osspf.jp.nec.com