サイト内の現在位置

働き方改革を支援するITの「実践と効果」

「働き方改革」&「IT」検討のためのヒント

働き方改革関連法が2019年4月に施行され、残業抑制、テレワーク導入などの制度、設備面での運用が開始されています。関連して、AIやロボットの導入により、〇〇人分の人件費を削減、というセンセーショナルなキーワードも耳にされている、と思います。大きなテーマであるがゆえに、各企業においては、インフラ面での取り組みが先行していますが、本来の「働き方改革」の目的である、「業務を効率化して」「生産性をあげる」を達成するために、ITを活用した実践も始まっています。
「働き方改革」での業務改善などの課題を持ちながら、解決に悩まれているお客様のためのヒントとして、まだまだ具体的に解説されることが少ない、これらの『実践例』と『その効果』を、分かりやすく、具体的に解説します。

開催概要

日時
2019年8月5日(月)  14:00~16:30  (受付開始 13:30)
会場
NEC Future Creation Lab セミナールーム
〒105-0014 東京都港区芝3-39-9 住友不動産 芝三丁目ビル1F
new window会場アクセス
主催
日本電気株式会社
参加費
無料
定員
30名
対象
企業・官公庁の総務・人事・情報システム・経営企画の方
お申し込み
締め切り
2019年8月2日 17:00まで。
※ 定員に達し次第、締め切らせていただきます。

アジェンダ

時間   内容
14:00~14:40 40分 『「働き方改革」×「IT」による業務改善とは』
「働き方改革」×「IT」というテーマでは、よく「AI」「ロボット」というキーワードが紹介されます。
ところが、「AI」「ロボット」による課題解決は、まだ端緒についたばかりです。
「働き方改革」×「IT」で効果をあげるためのポイントや考え方、成功企業様の取組例などを、
わかりやすく解説します。
14:40~15:00 20分 『「紙」の業務を電子化。その具体的な方法を解説』
「働き方改革」の時代においては、「紙」が介在する業務を見直し、電子化していく必要があります。
帳票の電子化ツールである【WebSAM SVF SPA】を使った、具体的な改革例をご紹介します。
ロボットと連携した業務適用例なども併せて紹介します。
15:00~15:15 15分 休憩
15:15~15:55 40分 『「業務の見える化」最先端。働き方改革を実現する見える化例を紹介』
「業務の見える化」は、業種/業務を限定せず、多くの企業で実践が進んでいます。
「働き方改革」に直結する具体例を、見える化ツールのスタンダードである、
【InfoFrame Dr.Sum EA MotionBoard】のデモにて、具体例を時間の許す限り紹介します。
15:55~16:10 15分 『NECが提供する関連ソリューション紹介』
NECは、働き方改革を支える様々なソリューションを提供しています。
今回は、「データ活用基盤」を中心に、いくつかのソリューションをダイジェストでご紹介します。
16:10~16:30 20分 質疑応答
  • アジェンダは変更する可能性があります。予めご了承ください。

お問い合わせ

日本電気株式会社
AIプラットフォーム事業部
info-drsum@mid.jp.nec.com