ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. イベント・セミナー
  3. サイバー攻撃を受けたときに迅速な対応ができていますか? ~プロフェッショナルによるインシデント対応が被害拡大を防ぐ~
ここから本文です。

サイバー攻撃を受けたときに迅速な対応ができていますか?

~プロフェッショナルによるインシデント対応が被害拡大を防ぐ~

年々、攻撃の手口は巧妙化し、発生件数は増加の一途をたどるサイバー攻撃。企業・組織においては、信頼失墜や操業停止、訴訟対応など経営損失をまねく被害へと発展しています。

攻撃による被害を最小限に抑えるためには、インシデントの兆候がうかがえる端末を素早く解析し、どのような攻撃活動が行われていたかを見極め適切な行動に移る、迅速な初動対応が鍵となります。一方、多くの企業・組織にとって、解析スキルを持ち合わせたセキュリティ要員が不足しており、時間経過とともに被害が拡大したり、手がかりがつかめず迷宮入りさせてしまうというのが現状です。また、幹部に事態を的確に報告できず、外部の専門家に対応を委託したくとも費用が確保できないという実態も多く見うけられます。

本セミナーでは、このような事態を解消する為に、インシデント発生時の初動対応支援サービスを紹介します。
元サイバー犯罪捜査官 木村公也、並びに高度なセキュリティ技術をもったプロフェッショナル集団「サイバーディフェンス研究所」による講演もあり、経験談を直接お聞きいただける貴重な機会となっております。

 「過去にインシデント対応に苦慮した経験がある」
 「役員への的確な報告が迅速にできなかった」
 「いつ発生するかわからないインシデントに備えて、充分なリソースを日々確保することが難しい」

という経験や課題をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

開催概要

会期
2018年6月6日(水)13:30~16:40 (開場および受付開始 13:00~)
会場
NECイノベーションワールド(品川)  セミナールーム
東京都港区港南2-16-1(品川イーストワンタワー7F)
主催
NEC
参加費
無料(事前申込み制)
定員
40名
対象
情報システム部門の責任者・ご担当者の方
CSIRTの企画/運用の責任者・ご担当者の方
※同業及個人のお客様は、お断りさせていただく場合がございます
お申し込み
締め切り
2018年6月5日(火) 17:00まで
※定員に達し次第締め切らせていただきます

お申し込みはこちら

プログラム

時間 内容
13:30-13:35 連絡事項
13:35-14:35
『サイバー犯罪の実態と防御のために取り組むべきこと』

ネット上では、流出した個人情報が次々とデジタルコピーされ、闇のシンジケートにおいて高額で売買されています。ひとたび情報が流出すれば、これを回収し完全に消去することは不可能です。企業・組織が守るべき情報は、これら個人情報もしかりですが、企業・組織が持つノウハウや、公表前の新製品情報や、仕様・設計図等、いわゆる極秘扱いの情報すべてになります。犯罪者に大切な情報を奪われるということは、絶対にあってはなりません。
これまでサイバー犯罪捜査官として直面したサイバー犯罪の手口や捜査のエピソード、そして捜査視点から見たセキュリティ対策の重要性など、ここでしか聞けないサイバー犯罪の実態についてお話しします。個人情報流出等の事例をもとに、企業・組織が緊急に取り組まなければならない課題について、皆様とともに考えたいと思います。

          元サイバー犯罪捜査官
          NEC サイバーセキュリティ戦略本部 エグゼクティブ・ディレクター
                                     木村 公也
14:35-14:45 休憩
14:45-15:45
『インシデントレスポンス事例』

サイバーディフェンス研究所は、標的型攻撃に代表される企業のネットワーク内部への攻撃、ランサムウェア、コインマイナー、Webアプリケーションの侵害など、あらゆるサイバーインシデントのシーンにおいて、被害および原因の究明を目的としたフォレンジック調査の実績があります。
今回の講演では、当社が過去に実施したフォレンジック調査の事案に基づき、お客さまにサービスを提供する外部ベンダーの立場から、良いインシデント対応に必要となるポイントについて共有します。
                        サイバーディフェンス研究所 営業部長
                                     佐藤 能規
15:45-15:50 休憩
15:50-16:30
『突然のインシデントに慌てず対処するには』

インシデント発生時、迅速に対応できる自信はありますか。また、専門家に支援を依頼する予算は確保されていますか。
NECでは、皆様のインシデントに対する迅速な初動対応をご支援するために、被疑端末の初期解析を1営業日で実施するサービスを提供しています。必要に応じて外部機関にエスカレーションし、より詳細な解析を行うことも可能なサービスです。
本講演ではこのようなサービスについて、活用事例を交えてご紹介します。

                     NEC セキュリティ・ネットワーク事業部 主任
                                      大口 恭平
16:30-16:40 質疑応答

※セミナー概要・タイトル・内容は予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

NEC
プラットフォームソリューション事業部 セキュリティセミナー事務局
seminar@mid.jp.nec.com

イベント・セミナー一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る