サイト内の現在位置

法人のお客さま向け(EV・PHV充電インフラ)

個人のお客さまはこちら

EV・PHV充電インフラ(電気自動車向け)の導入メリット

電気自動車(EV・PHV)は年々普及が進んでおり、それに準じて充電スポットの需要も増えています。
施設のオーナー様としても、そういった充電ニーズに応えることで、例えば誘客・集客への貢献や滞在時間の増加による消費への寄与など様々なメリットが期待できます。
特に商業施設・商業ビルはお買い物ついでに充電が出来ることからユーザーの利便性が高く、充電スポットとして重要な位置づけであると考えています。

全国200施設を運用するNECのEV・PHV充電サービス

NECは2015年1月から大型商業施設・商業ビル向けにEV・PHV充電インフラの導入を進め、現在は全国において約200施設、計5,700台の充電器を運用しています(2018年9月現在)。
これまでの実績を基に施設オーナー様へ最適な充電サービスのご提案を致します。

NECを選ぶ主なメリット

導入から運用までをトータルでご提供

NECのEV・PHV充電インフラサービスでは、充電器・コントローラといった充電システムから導入後の運用・保守に至るまでをトータルでご提供いたします。これにより、お客様のコスト・手続き等のご負担を極力抑えることが可能です。

他社の場合とNECの場合の比較

補助金制度の利用で導入コストを軽減

EV・PHV充電インフラの導入には政府や都道府県から補助金を受けられる場合があります。
NECではこれらの申請業務に対しての支援も行っており、少ない手間でコストを軽減したご提供も可能です。

様々な決済方法に対応

自動車メーカー等が発行するNCS系会員カード(チャージスルゾウロゴマーク入り)に加え、クレジットカードや電子マネーでのお支払いにも対応。ユーザー様に手軽に充電サービスをご利用いただけます。

EV・PHV用 普通充電器の特長

  • 国内外の主要EV・PHVへの充電が可能
  • NECのEV・PHV用充電コントローラ(電気自動車向け)に対応

EV・PHV用 充電コントローラの特長

  • 急速充電器メーカー8社、普通充電器メーカー6社と連携
  • 充電器との一体化や壁面設置が可能
  • NEC EV・PHV充電クラウドとの連携が可能