採用事例

戸田建設様

戸田建設様所有の宿泊機能付き研修施設「TODA Innovate Lab」内の研修室の設備として、感情分析ソリューションが採用されました。

50台のウェアラブルデバイスをご導入いただき、受講者の感情データを収集して分析を行います。分析結果を研修企画者、講師、受講者それぞれにフィードバックすることによって、より良い研修の実現と個人の成長促進を図ることを目的としています。

システム構築では、立花エレテック様にご協力いただきました。100人収容可能な研修室にゲートウェイ装置が設置されており、受講者の感情データを常時アップロード可能となっています。

TODA Innovative Labの写真
TODA Innovative Lab外観

大和リース様

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、テレワークの急激な普及をはじめ働き方・働く場所が多様化しています。このようにニューノーマル(新常態)に合わせて働き方が変化する中、企業は従業員のメンタルの状況の把握が難しくなっており、従業員のメンタルヘルスの向上は以前にも増して重要な経営課題となっています。また、一つのオフィスに縛られない働き方など、オフィスの在り方や求められる機能も大きく変化しています。そこで大和リースとNECは、それぞれの強みを組み合わせた共創により、快適で、従業員のメンタルケアも可能なオフィスの提供を目指し、新システムやビジネスの創出に取り組んでいます。

オフィス緑化環境ソリューションの説明

快適に働けるオフィスづくりを目指し、室内緑化・自然音・アロマなどが五感に作用し、リラックス効果や新たなコミュニケーションのきっかけを生み出す大和リースの空間商品「VERDENIA(ヴェルデニア)」と、ウェアラブルデバイスを用いて従業員の感情を可視化する「NEC 感情分析ソリューション」を組み合わせ、ストレスや疲労を感じた際には、「VERDENIA」でのリフレッシュを促すなど、従業員が心地よく創造的に働けるオフィスを提供することで、人材の継続的な確保や従業員の生産性の向上を実現します。

大和リース様とNECのコラボレーション

関連情報

くらら保育園様、加古川市様(実証実験)

子育てなどの理由で一旦職場を離れた保育士のうち、復職しない人が増えており、保育士不足が大きな社会課題となっています。

感情分析ソリューションを活用した実証実験では、保育士は子供と接するときにポジティブな感情を持ち、事務作業などのときにはストレスを感じていることが判明しました。事務作業の見直しを図り、より子供や養育者とのふれあいの時間を増やすことで、保育士のやりがい醸成に貢献します。

関連情報

一度職場を離れたら復帰が難しい…潜在保育士の数が近年増加傾向にあります。資格を持っていながらなぜ保育士を選ばないのか?そんな疑問から、保育士の楽しいや辛いを感情分析で洗い出し、業務と照らし合わせてみました。ウェアラブルデバイスによる感情分析を通じて、実際に働き方は改善できたのでしょうか?結果は動画から!

動画のサムネイル画像

NECマネジメントパートナー様

NECマネジメントパートナー社では、自社での集合制会議イベントでの実証実験結果に基づき、「キックオフミーティング感情分析」ソリューションを提供しています。

勤務時間中の生産性を最大化するために、ホワイトカラー従業員を対象として、会議中の集中度・緊迫度を可視化します。特に、半期に一度、部門メンバーが一同に会するキックオフミーティングにて、誰がどのトピックを話している時にどの程度の集中度・緊迫度を聴衆から得ているか分析することで、より効果的な会議の設計に貢献します。

感情分析の画面
会議内容データと突き合わせて感情変化を分析して会議の妥当性を検証する画面の例

関連リンク

お問い合わせ