サイト内の現在位置を表示しています。

IoT活用のための3つのポイント

New Normal 時代のIoT機器に必要なこと

New Normal時代のIoT機器のイメージ画像

大きな変化と向き合い、いまこそデジタルのチカラで人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を。

いま起きている急速な変化を的確に捉え予測すること。環境変化に対応した行動を積み重ねていくこと。これまで以上のスピードでデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現し、変化を成長に活かしていくことが求められています。

IoTの普及を支え、AIの活用を加速する
エッジコンピューティングを見逃すな!

エッジコンピューティングのイメージ画像

AIなどの高負荷処理を分散し、通信の遅延をかぎりなく小さく身近になったIoTが次の進化へ進むために。

大量の「モノ」や「ヒト」がつながり、実世界で生み出された「コト」のデータはサイバー空間で処理され、その結果を実世界へフィードバックするというサイクルが続きます。IoTの進化には、AIや画像処理などの高負荷処理や、膨大なデータへの対応が不可欠です。私たちは、エッジコンピューティングがひとつの答えになると考えています。

5Gだけじゃない!IoTを支える無線技術

無線技術のイメージ画像

つながることがなかったデータがIoTによってつながったいま、5Gをはじめとした通信技術への期待はますます高まっています。

LTE(4G)で良いのか、次世代の通信規格“5G”が必要なのか。利便性重視でWi-Fiなのか、コストを考えてLPWA(Low Power Wide Area)を選択するのか。扱うデータの特性や要件に応じた最適なネットワークを選ぶことが、デジタルビジネス成功の鍵です。

お問い合わせ