サイト内の現在位置を表示しています。

IoTを加速するエッジコンピューティング

エッジコンピューティングのイメージ画像

負荷を分散し、通信の遅延を限りなく小さく身近になったIoTが次の進化へと進むために。

大量の「モノ」や「ヒト」がつながり、実世界で生み出された「コト」のデータはサイバー空間で処理され、その結果を実世界へフィードバックするというサイクルが続きます。IoTの普及が進み、リアルタイム性が要求される新たな利用シーンが増えるなか、エッジコンピューティング技術への注目があつまっています。

クラウドとオンプレミス、それぞれのメリットを最大限にいかす

最適な場所で処理する。それがエッジコンピューティングの最大の目的です。リアルタイム性が強く求められる場合はエッジ側、つまりオンプレミスで実施し、大規模な連携や集約が必要な処理はクラウド側に分担させます。

エッジコンピューティングの説明図

近年、エッジコンピューティング製品は産業機器、医療機器、社会インフラ分野などさまざまな領域に利用が広がっています。NECはこれまで産業分野で鍛え上げた信頼と実績のある豊富なラインナップでIoT社会のニーズにお応えします。

エッジコンピューティングを実現する製品群
耐環境性を重視した軸受監視システムの説明図

お問い合わせ