SKYMENU Cloud

学習活動端末支援Webシステム SKYMENU Cloud スカイメニュークラウド

特徴

主体的・対話的で深い学びに向けて授業内外における学習活動を支援、校内の情報共有を促進円滑な情報共有、学校と家庭とつながりオンライン学習も支援

機能、用途

・発表ノート機能(全員が参加して発表資料を作成でき、全員で同時に編集、ページごとに分担なども可能)
・宿題提出機能(課題の配付、提出、添削、返却、再提出などのやりとりを一元化。授業中でなくても、教材や課題の「配付・提出」がいつでも可能)
・シンプルプレゼン機能(タブレット端末で撮影した写真や文字を使って、発表資料となるスライドを迷わず作成可能。必要最低限の機能のみ搭載することでシンプルに伝える力を養う。)
・考えの揺れ可視化機能(生徒同士で考えを表明し意見の交換がしやすく、教員は1人ひとりの考えの変化の揺れや軌跡を確認できる。問題解決プロセスを授業の中で具現化することが可能)
・授業へ集中できる工夫(先生はこどもたちの作業の様子を見取ったり、タブレット端末の操作をロックし、先生の話に集中させるなどが可能)
・校内情報の共有機能(タブレット端末や大型提示装置で連絡事項を確認可能、先生同士でWeb会議可能)
・オンライン学習支援機能(授業に参加している子どもたちを対象に、オンライン学習(Web会議)を開始、オンライン上で生徒同士の画面共有や課題提出が可能)
・保護者連絡ツール※別オプション(出欠席の連絡が可能、学校と家庭間の連絡をデジタル化)

対象学年

小中高

対象科目

全科目

活用シーン

◆グループワーク
1つの発表ノートに対して、複数の学習者機から同時に書き込めます。役割分担機能を活用し各自が責任を持ちながら、誰かに任せるのではなく、全員が参加して発表資料を作成することが可能です。お互いの考えを共有して話し合う場が生まれます。授業外利用の禁止設定も可能です。

◆問題解決プロセスを具現化し、「主体的・対話的で深い学び」の実現
まずは自分一人で自分の考えをまとめます。具体的にはマーカをどの位置に置くかによって自分の考えを示します。各自が手元で入力するので、他人の意見に左右されず、自分の考えを回答できます。
そして、子どもたちが考えを共有し、全員の回答を表示することができます。自分とは異なる意見を参考にして、考えが変わったときには何度でもマーカを再配置することができ、その結果もリアルタイムに反映されます。このように個人の意見を他人の意見に左右されずにまとめ、その後生徒同士で対話を繰り返しながら問題解決のプロセスを可視化しながら主体的な学びが可能です。

機能概要

グループワーク機能

全員で同時に編集 教員がグループに参加すれば進歩の確認や操作を支援できます

ポジショニング機能

マーカーの位置で自分の考えを示します

マーカを自由に配置して自分の考えを示す

全員の回答を重ねて表示し、考えを共有する

課題の配付、提出、添削、返却、再提出などのやりとりを一元化

双方向型の学習が行えます
動作環境

Windows PC:Microsoft Edge、Google Chrome
Chromebook™:Google Chrome
iPad:Safari

標準価格

オープン

リンク先URL

SKYMENU Cloud
https://www.skymenu.net/

導入のご相談・お問い合わせ

Open Platform for Educationについては

NEC文教・科学ソリューション統括部

お問い合わせ

またはE-mail:ope@elsd.jp.nec.com