ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 環境への取り組み
  4. マネジメント
  5. 環境リスクへの対応
ここから本文です。

環境リスクへの対応

リスク対策

環境リスクを未然防止するために、アセスメント評価、日常点検を行うとともに、緊急時に備えてのリスクマップの整備、定期的な連絡体制の見直しなどを行っています。更に、「環境リスク情報エスカレーション及び対応規程」を整備し、環境リスクに対するガバナンスの強化を図っています。

環境リスクマネジメント

未然防止への取り組み:ヒヤリハットの水平展開

環境事故の潜在要因はヒヤリハットレベルの軽微な事故にあることから、「ヒヤリハット情報(※)」を作成し、NECグループ全体へ水平展開することで緊急事態および事故を予防しています。
「重大環境事故」の緊急処置手順、緊急連絡手順はもとより、「ヒヤリハット事故」を重視し、ヒヤリハットレベルの軽微な事故であっても徹底的な原因究明と技術対応、グループ各社への情報水平展開、対応処置の確認を行い、未然防止を推進しています。

  • (※)ヒヤリハットとは、ヒヤリとかハッとした出来事のことで、安全用語です。

環境への影響の重大性レベルイメージ

法違反・事故・苦情

NECでは1998年度以降、環境に関る罰金、科料の有無について公表しています。
2017年度も環境に関わる罰金・科料は受けていません。社外に影響した事故は0件、社外に影響しなかった事故(ヒヤリハット含む)が17件、苦情は0件でした。

  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
重大事故:社外に影響した事故 0件 0件 0件 0件 0件
環境事故:社外に影響しなかった事故 9件 9件 4件 3件 17件
苦情 1件 2件 0件 0件 0件

ページの先頭へ戻る