サイト内の現在位置を表示しています。

省エネルギー推進体制・施策

省エネルギー推進体制(地球温暖化対策組織図)

NECグループ会社も参加するテーマ別専門部会の中に地球温暖化対策に関する3つの会議体を設置しています。
テーマ別専門部会からNECの地球温暖化対策全般の推進を行う「環境経営推進会議」に対して報告・提案を行うことにより、NECグループ全体で省エネに努めています。

地球温暖化対策組織図

節電への取り組み

電力需給対策

NECでは、国や地方自治体等の目標を遵守し、更なる節電への取組みとして、照明器具のLED化や本社、玉川オフィスビルの定時自動消灯、空調設定温度の調整など、電力消費を抑える施策を積極的に取り組んでおります。

節電施策

  • 事務所照明の消灯
  • 共有機器の部分停止(例 プリンタ停止、個別空調等停止)
  • 生産ライン照明の間引き
  • 恒温槽、オーブン、加熱器及び乾燥機など熱利用設備の総点検

  • 省エネ機器導入の加速(LED照明、高効率熱源・空調設備への更新)
  • 構内放送による節電の呼び掛け、節電パトロール実施

国内の全社員が節電の当事者になり、ピーク電力の節電と、年間電力使用量の節電に取り組んでいます。

2019年度 節電目標。 【NECグループ】

NECグループでは、節電活動成果として、NECグループ全体での電力削減(数値)目標を設定し、取り組んでいます。

  • 年間目標: 2019年度電力実績×0.99×(2019年度原単位/2018年度原単位)

社内ポータルサイトでビジネスユニット別の目標に対する電力量使用状況の見える化を実施し、全従業員が当事者として節電・省エネに取り組む意識啓発を行っています。

クールビズ(ノー上着、ノーネクタイ)の徹底

オフィスにおける「COOLBIZ」
実施期間:2018年5月1日~9月30日
オフィスの冷房は室温28度を目処に設定し、会議等を含め、オフィスにおいては原則として軽装としました。
さらに、従業員に対して、社内HPでの周知、一斉通知により徹底をしました。

拠点における取り組み

NECはエネルギー高効率機器の導入を各地区横断的に計画しており、2018年度はLED照明器具への更新を9,000台、空調設備の更新を約100台等を実施しました。また、再生エネルギーの導入の一環としてNECプラットフォームズタイ(NEC Platforms Thai)、我孫子事業場等、国内外2,000Kwの太陽光発電設備を構築中です。
2019年度以降も継続して導入を拡大していきます。
運用改善活動では、ターボ冷凍機や空調機器の省エネチューニングに取組み設備運転台数の削減を実施。
さらに、省エネ施策の発掘をすべく、各拠点間での相互省エネ診断を行う等、工場管理で培ったエネルギー管理手法を活用し、エネルギー由来二酸化炭素発生量の抑制に貢献しております。

我孫子事業場 太陽光発電導入
空調機運転台数削減
LED照明採用
吸収式→ターボ冷凍機へ更新