サイト内の現在位置を表示しています。

気候変動による影響への適応に貢献するNECのソリューション

高潮、沿岸洪水、海面上昇により、沿岸の低地や小島嶼国において死亡、負傷、健康被害、または生計崩壊が起きるリスクがある。

海面上昇、沿岸での高潮被害などによるリスクへのリンク

いくつかの地域において、洪水によって、大都市部の人々が深刻な健康被害や生計崩壊に遭うリスクがある。

大都市部への洪水による被害のリスクへのリンク

極端な気象現象が、電気、水供給、医療・緊急サービスなどの、インフラネットワークと重要なサービスの機能停止をもたらすといった、社会システム全体に影響を及ぼすリスクがある。

極端な気象現象によるインフラ等の機能停止のリスクへのリンク

極端に暑い期間においては、特に脆弱な都市住民や屋外労働者に対する、死亡や健康障害のリスクがある。

熱波による、特に都市部の脆弱な層における死亡や疾病のリスクへのリンク

気温上昇、干ばつ、洪水、降水量の変動や極端な降水により、特に貧しい人々の食料安全保障が脅かされるとともに、食料システムが崩壊するリスクがある。

気温上昇、干ばつ等による食料安全保障が脅かされるリスクへのリンク

飲料水や灌漑用水への不十分なアクセスと農業の生産性の低下により、半乾燥地域において、特に最小限の資本しか持たない農民や牧畜民の生計や収入が失われる可能性がある。

水資源不足と農業生産減少による農村部の生計及び所得損失のリスクへのリンク

特に熱帯と北極圏の漁業コミュニティにおいて、沿岸部の人々の生計を支える海洋・沿岸の生態系と生物多様性、生態系便益・機能・サービスが失われる可能性がある。

沿岸海域における生計に重要な海洋生態系の損失リスクへのリンク

人々の生計を支える陸域及び内水の生態系と生物多様性、生態系便益・機能・サービスが失われる可能性がある。

陸域及び内水生態系がもたらすサービスの損失リスクへのリンク

  • 出典:
    気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書
    第2作業部会報告書(影響・適応・脆弱性)