ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 環境への取り組み
  4. 環境アニュアルレポート2018
  5. 2017年度環境活動ハイライト
  6. 中長期の環境経営目標に対する2017年度の進捗状況
ここから本文です。

中長期の環境経営目標に対する2017年度の進捗状況

「気候変動への対策」を強化

2017年7月に2050年を見据えた長期視点の気候変動対策の指針を策定し、NECの事業活動に伴うCO₂ 排出量(Scope1,2)を2050年までに実質ゼロとすることを表明しました。

また、2017年12月には、2030年までのCO₂排出削減目標をSBT(Science Based Targets)とすることを宣言し、具体的な目標設定を進めています。

「環境経営行動計画2020/2030」の進捗

中長期的な目標として「環境経営行動計画2020/2030」の推進を通じて、2020年までにNECのサプライチェーンが及ぼす環境負荷に対して、製品・サービスの提供を通して5倍の環境負荷低減に貢献することを目指しています。

2017年度の結果は、負荷に対して価値が3.5倍となりました。引き続き目標達成に向けて提供価値の拡大とサプライチェーンの負荷削減を推進していきます。

目標 2030目標 2020目標 2017実績
「緩和」への貢献 ITソリューションの提供を通じた社会全体のCO₂排出量の削減 5,000万t 2,300万t 1,639万t
製品エネルギー効率改善
(2013年度製品比)
80%改善 30%改善 35%
「適応」への貢献 社会ソリューションの提供を通じた気候変動の影響への備え 課題解決に寄与するソリューション競争力強化と事業を通じた貢献の拡大 539万t
事業活動からの排出削減 効率化によるCO₂排出量原単位の改善 30%改善 18%改善 10.3%改善
再生可能エネルギーへの転換
(2011年度比)
10倍 9.7倍

ページの先頭へ戻る