サイト内の現在位置

データがもたらすさまざまな価値
New Normal時代のサプライチェーン改革とは

ECの利用拡大に代表される顧客行動の変化。テレワークを中心とする働き方の変化など、New Normal時代は、これまでとはビジネスの前提が大きく異なる。モノをつくり、運んで、売る、社会の根幹を支えるサプライチェーンもまた、従来とは大きく変わるはずだ。では、New Normal時代に最適なサプライチェーンとはどんなものか。カギを握るのがデータである。サプライチェーン領域において多くの実績をもつNECのリードコンサルタント川上 隆之に聞いた。

コロナ禍の中で進むさまざまな変化

──現在、NECはNew Normal時代に向けたさまざまな提案を行っています。そもそもNew Normal時代とは、どんな時代なのでしょうか。

NEC
デジタルビジネスプラットフォームユニット
戦略コンサルティングオフィス
川上 隆之

ニューノーマルに向かう現在、コロナ禍の中で起こっていることにヒントがあるはずです。

例えば、外出を控えるために、ECやインターネットバンキング、デリバリーサービスなど、ネットサービスの利用が拡大しています。この変化を受けて、先進的な企業は、すぐに顧客体験の提供を中心とするオンラインサービスへとビジネスの軸足を移行しています。

これは社外で起こっている変化の例ですが、もちろん社内にも変化はあります。

新型コロナウイルスの感染拡大、いわゆるパンデミックは社会の緊急事態ですが、同じ緊急事態でも事故や自然災害などとはビジネスへの影響が異なります。事故・災害の場合は、発生した瞬間、ほとんどの業務が一斉に停止。その後、数日を経て優先度の高い業務から段階的に回復していきます。

一方、パンデミックの場合は、海外発生期と定義される第一段階からゆるやかに業務が縮小。国内発生期である第二段階では、流行のレベルによって業務量を変動させつつも、基本的には優先度の高い業務のみで小さく事業を継続。そして、沈静化と同時に一気に通常業務が回復することになります。

つまり、コロナ禍においては、業務を継続するために、いかに感染を予防し、重要業務の維持とそのほかの業務の計画的な縮小・停止を行うかが重要な取り組みになるわけです。そして、そのために起こっているのが働き方の変化です。ご存じの通り、コロナ禍によってテレワーク比率は急激に高まっています。今後、人事査定も時間管理から、業務の質の評価へとシフトしていくことになるでしょう。また、製品開発や企業が開催するイベントのオンライン化も進んでいます。

収益構造を見直すために必要なSCM改革

──New Normal時代への対応は、働き方の改革が中心ということでしょうか。

もちろん、避けては通れない大事な取り組みです。しかし、働き方の改革だけで十分とはいえません。実際、多くの企業が在宅勤務を大規模に導入するなどして改革を進めていますが、大手企業が大幅な減益を予測するなど、ビジネスへの影響は甚大です。収益構造そのものを見直す変革が必要です。

──どのような変革が必要なのでしょうか。

モノをつくり、運んで、売る──。多くの企業が関与するサプライチェーンの見直しです。ただし、これから取り組むSCM(サプライ・チェーン・マネジメント)改革は、オンライン化する顧客行動などを踏まえて、従来の業務の枠を超えた、まさにDXを見据えた検討を行うことが必要です(図1)。

zoom拡大する
図1:求められるこれからのSCM改革
組織や業務の枠を超えてDXを見据えた改革が求められる

このSCMのDXのカギを握るのがデータです。データは、かつての石油に例えられるように、現在の社会の重要な資源です。この重要な資源をサプライチェーンの中でも積極的に利用しない手はありません。データを利用することで、非接触、自動化、モノのトレーサビリティ、コストの可視化、そして、事業を横断したサプライチェーンの構築など、データはSCMにさまざまな変革をもたらします。

製造業でいえば、現在は自社と直接やりとりを行っている1次サプライヤーとの間だけで行っている製造業の部品管理の仕組みを、新興国などの2次・3次サプライヤーにまで拡大する。そうして、サプライチェーン全体で設計・製造情報のデータを共有しておけば、緊急時にもスムーズに部品の供給を継続させるといったことが可能になります。

ほかにも、生産現場のデータは、異常や故障の早期検知、品質分析、設計改善、KPIの見える化など、QCDの改善をはじめ高度なモノづくり、ひいては収益改善を実現していくためのさまざまな取り組みに役立てられます(図2)。

zoom拡大する
図2:生産現場のデータが製造業にもたらす価値
製造現場のデータは、収益改善につながるさまざまな取り組みに役立つ

もちろん流通小売業界でも同様です。AIを活用した需要予測、物流の自動化など、既にさまざまな取り組みが進んでいますが、データを活用することで、少子高齢化、ライフスタイルの変化、商品ライフサイクルの短期化などのさまざまな環境変化に対応した、新しい事業の創造、業務の変革が実現します。例えば、物流における在庫日数、保管費、廃棄率などを正確に可視化しておけば、SCM統括責任者の判断の質は格段に向上し、ビジネス上の判断を早くする事が可能となります。

自社の経験を活かしたサポートを提供

──SCMの改革は、製造業として長年NECが取り組んできたことですよね。

はい。NEC自身、生産を超えて物流にまで範囲を拡大して、サプライチェーンの最適化を進めてきました。取り組みは、既に大きな成果につながっており、それを基にしたさまざまなサービスやソリューションを用意しています。

もちろん、改革のカギを握るデータについても、どのようなSCM基盤でデータの収集と連携を実現し、どのようなデータモデルで分析や活用を行うか、そして、その中でIoTやAIをどのように効果的に利用していくかなど、豊富なノウハウを蓄積しています(図3)。

zoom拡大する
図3;データを価値につなげるためのSCM基盤
データによる価値を引き出すためのSCM基盤の構成

非常に困難な時代を迎えていますが、デジタルはそれを克服する大きな力になります。長年ICTソリューションを提供してきた企業として、NECはデジタルシフトに挑戦するお客様を強力に支援していきます。

関連コンサルティング情報

本記事の内容をより詳しくご紹介した講演資料がダウンロードできます。

お客様におけるDX実現に役立つ「かんたんDX度診断」やDX関連資料をご用意していますので、ぜひ下記よりご覧ください。また、DXに関してお困りの点、ご不明点などがございましたら「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください。

関連情報

あなたの組織のDX度が分かる「かんたんDX度診断」はこちら

DX関連の資料ダウンロード、お問い合わせはこちら

資料ダウンロード・お問い合わせ