サイト内の現在位置

時代が求めるモダナイゼーション

モダナイゼーション

期待が高まる「デジタル化」

最新のICTを効果的かつ効率的に駆使したDXの実践は、企業の価値そのものを左右するほど重要な要素であると言えます。大手調査会社ガートナーの調査によると、自社の最重要課題を問われたCIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)の27%が「デジタル化」と答えています。「収益やビジネスの成長」「業務効率」「顧客体験の向上」を抑えて最多の回答になっていることからも、DXの実践がいかに重要視されているかがわかります。

出典:Gartner, 2019 CIO Agenda: Global Perspectives, Andy Rowsell-Jones et al., 22 April 2019

レガシーシステムがDXの足かせに

DXに向けた環境を整えるため、多くの企業が業務システムの移行の検討を進めています。しかし、システムの移行や改修は簡単ではありません。過去に導入したシステム(レガシーシステム)のなかに、簡単には捨て去ることのできない実績あるアプリケーションが含まれていることや、その使用を前提としたデータが膨大に蓄積されている場合があるからです。

レガシーシステム内部の構造を熟知したエンジニアが退職し、改修しようにも手がつけられないブラックボックス状態になっている例も少なくありません。日本情報システム・ユーザー協会の調査によると、8割以上の企業がレガシーシステムを保有しており、7割弱の企業が「レガシーシステムがDXの足かせになっている」と答えています。

出典:日本情報システム・ユーザー協会「デジタル化の推進に対する意識調査」(平成29年)

時代が求める「モダナイゼーション」

レガシーシステムで扱っていた業務とデータを、時代の要請に応えるシステムへと変える情報資産化の取り組みを「モダナイゼーション」と呼びます。

これまでにも、使い勝手の悪化やサポート期間の終了を機に、既存の業務フローや業務データの維持を図りながらシステムを改修する「伝統的モダナイゼーション」が行われてきました。その際、アプリケーションやデータベースなどの「オープン化」や「仮想化」、さらには「クラウド化」など技術面での対応をゴールに設定していました。

現在のモダナイゼーションのゴールは、企業価値を高める「デジタルシフト」です。これを実現するためには、新たな顧客体験や新サービスの提供、ビジネスモデルの変革、業務の高度化・自動化への対応など、競争力のあるDX基盤の構築が求められます。クラウドネイティブ化などの最新技術を活用しながら、システム構成の最適化を推進する必要があるのです。

本サイトにてご紹介している内容をPDFでもダウンロードしていただけます。
ぜひご活用ください。

資料ダウンロード・お問い合わせ