サイト内の現在位置

モダナイ構想の具体化

モダナイゼーション

現状システムを把握してアプローチを具体化

IT領域にフォーカスした方針確認等、システム環境の目指す姿を策定します。

検討のステップ

将来像に至る取組みの考え方を対応方針として整理します

主なアウトプット

  • DX実現への対応方針整理
  • 事前ヒアリング
  • 基礎情報の整理
  • 方針ヒアリング
  • システムアセスメント

対応方針に対して実現方式を整理し、紐づく施策の実現方向性を整理します

主なアウトプット

  • 実現方式の整理
  • 対応方針と施策と関連付け現行システムの関連付け

各施策の実現アプローチや現状の取組状況を踏まえて施策の実行順序を検討した上でハイレベルな実行プランを描きます

主なアウトプット

  • 各施策の実行順整理
  • 予算の確定
  • ロードマップ/構想書/移行計画の策定

ターゲット資産を分析し、モダナイすべきシステム・アプリやコストダウン余地を精査します

主なアウトプット

  • 移行ターゲットの精査
  • コストダウン余地の精査

各ターゲットシステム・アプリごとに区分した上で、ロードマップのブラッシュアップを行います

主なアウトプット

  • 移行後システム像・方針・施策の策定
  • 各施策の実行順整理/概算コストの試算
  • ロードマップ/構想書/移行計画の策定

資産分析の意義

現⾏資産分析ツールを活⽤して、各種プラットフォームに対応した業務アプリケーションを可視化し、現⾏システムの状態を明確に診断します。

資産分析によるモダナイ対象の特定とコスト削減イメージ

資産分析を実施することで、モダナイゼーション全体のコスト削減が可能となります

本サイトにてご紹介している内容をPDFでもダウンロードしていただけます。
ぜひご活用ください。

資料ダウンロード・お問い合わせ