サイト内の現在位置

AI による業務支援

オンラインとオフラインの融合 ~リモートでもリアルと変わらないワークスタイルの実現を~

部下の出社状況をAIがサポート、社内の密を回避できる

テーマ: 自動化・省力化による事業全体のBPR 
利用シーン:事務 人事 等

Before 現状課題

会議調整や交通費精算等の内部事務に時間がかかってしまう若手社員

会議調整や経費精算など煩雑な処理が多くて、なかなかお客様とお話しできない…

出社率を30%以下にし、 社員の健康を守りたい管理職

職場内感染を未然に防ぐため社員の出社率を30%に抑えたいが、管理が大変だな

After 解決シナリオ

1.会議調整を依頼する
次の会議を設定しないと…以前は参加者の日程調整が大変だったけど、今はAIがサポートしてくれるからとても助かる。

2.出社を予定する
緊急ではないけど、出社しないといけない用事ができた。折角だから、会議の日に出社することにする。

3.部下の出社状況を確認する
今週の出社率をAIに聞くと、目標値を超えそうなことがわかった。緊急度が低そうなメンバーを見つけて在宅指示を出した。出社状況管理の手間が減って本業に専念できる。

AIに煩雑な「作業」を任せ、人は価値を生む「仕事」に

特長
AIによる作業代行

AIが社員に代わり、作業を代行・補助(*1)することで、作業時間を削減して、より価値を生む仕事に集中できます。

  • (*1)
    NECのAIは、あいまい・定型的でない自然言語(テキスト、音声等)からユーザの目的にあう業務内容・システムへの入力補助が可能。

システム構成

導入効果

効果

社内作業をAIが代行することで、
新たなビジネスに向けたリソースの創出

関連DXオファリング

DXオファリングは、NECのこれまでの実績やノウハウを元に、製品/サービスに役務を含めてパッケージングしたものです。

関連製品・サービス情報

【ホワイトペーパー】
テレワークで生産性どう担保する?New Normal時代の働き方をAIがサポート

全文はPDFダウンロード(NEC ID登録が必要)にてお読みいただけます。

  • New Normal時代で定着するテレワークにおいて社員の生産性は重要なテーマ
  • 「コミュニケーションコスト」が要因で勤務の長時間化が懸念される
  • 生産性の維持向上に向け着目すべきはコア業務以外の日常的作業の効率化
  • 煩雑な事務処理から社員を解放 豊かな働き方に導き価値を創造する
  • 社員の「いつもの」を理解して最適なレコメンド、会議調整65%、交通費精算79%の時間削減

お問い合わせ