サイト内の現在位置

テレワークの次にあるもの

NEC 働き方DX DAY2022

脱ハンコ!? それだけじゃない、
電子署名のメリット

【ホワイトペーパー】

全文はPDFダウンロード(NEC ID登録が必要)にてお読みいただけます。

アジェンダ

  • 根強い「ハンコ」文化!? しかし脱ハンコを望む声も大きい
  • 「脱ハンコ」だけじゃない! 見直すべきはワークフロー全体
  • 世界で最も利用されている電子署名サービス:DocuSign
  • NECが提供する付加価値:DocuSignとの連携サービス
  • 導入ステップ

以下、本レポートの前半部分を掲載しています。

根強い「ハンコ」文化!? しかし脱ハンコを望む声も大きい

新型コロナウイルス禍にあって多くの企業で出社制限がかかる中、「ハンコ」のためにわざわざ出社するという実態が大きく報道されたのは、記憶に新しいところです。とかく生産性の低さが取り沙汰される日本企業ですが、その原因を垣間見たと思われた方も少なくないでしょう。しかしながら、電子署名最大手のDocuSign社の調査によれば、電子署名の利用率は約18%で、意外や「脱ハンコ」はそれほど進んではいないようです。非効率と批判を浴びようとも、「紙とハンコ」という日本の企業文化は一朝一夕には変わらないのかも知れません。

一方、「印刷や製本、スキャンなどの手作業のわずらわしさ」といった、紙での契約に関するデメリットを感じている人は多く、電子署名の必要性・有用性は9割以上の人に認められています(図1/同調査より)。その背景としては、以下の2点を挙げることができるでしょう。

  • アウトソーシングの拡大による取引事業者数および契約業務量の増大。それによる業務遅延の発生
  • 社内手続き・ワークフローが紙ベースのため、承認・稟議がボトルネックとなってビジネスのスピード感が失われること

データ活用やDXがより一層進展するNew Normalの時代にあって、電子署名の潜在的な需要は大きいと考えられます。また、電子帳簿保存法の改正をはじめ、行政もペーパーレス化を強力に推進していることもあり、今後電子署名の利用が拡大する可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

図1:電子契約/電子署名に対するニーズ

資料ダウンロード