サイト内の現在位置

データ&ビジネスドリブンアジャイルサービス

ビジネスとITを融合したアジャイル開発を支援
FDDアジャイル×AI・データ活用×自動化技術

NECのAI技術や自動化技術を活用し、関連ビジネス部門の要件およびビジネスKGI/KPIに基づく開発を支援することで、お客様のリアルタイムなビジネス状況により即したアジャイル開発推進を実施します。

データ&ビジネスドリブンアジャイルサービスの機能と役割

FDD方式を採用したアジャイル開発

高度なITスキルとビジネススキルを併せ持つ人材によりビジネスKGI達成に必要となる機能を探り出し(FDD方式)、開発計画の策定を支援します。

  • ※FDD方式:
    ユーザー機能駆動開発(Feature Driven Development)の略称。顧客にとっての機能価値を重視した開発手法を指す。

NECの独自AI&データ基盤&自動化技術を活用

NECのAI分析技術を備えたデータ基盤を活用した開発を推進することで、よりデータオリエンティッドにビジネスを推進することができるほか、自動化技術を適用することで省人かつスピーディーなアジャイル開発を実現することが可能となります。

アジャイル開発立ち上げ支援

アジャイル手法の定着に向けて、アジャイル開発の基礎教育実施とチーム立上支援を実施します。

立上支援はアジャイル教育 PJ立上支援 計画策定支援は全体計画策定 全体モデル開発 Featureリスト構築 FDDアジャイルOJT/PMO支援はFeatureリスト再構築 Feature開発計画 Feature設計/構築 KPI効果測定の繰り返し 計画策定支援とFDDアジャイルOJT/PMO支援をAI+自動化を同時に検討

このようなお客様に

  • 業界、業種を問わず、情報システム部門のお客様
  • 社内横断的なDX推進を担う部門のお客様

導入実績

ITサービス業

データ&ビジネスドリブンアジャイルサービスが解決するお客様の課題

課題 DevOpsの実現

ビジネスとITを融合したアジャイル開発の導入について、どのように着手すべきか模索している。

解決

高度なITスキル×ビジネススキルを持つ人材によるKPI・Featureリスト設計を支援します。

課題 AI/データ利活用&自動化技術活用

DXシステムに必要なAI/データ利活用&自動化技術活用に対しどのように取り組んでいけばよいか模索している。

解決

NECのAI技術/自動化技術を前提としたアジャイル開発適用により、DXシステムを実現します。

課題 アジャイル開発の新規導入

アジャイル開発を新規導入するため、人材や標準プロセス、ツール等を整備していきたいものの、経験やナレッジがなく、推進方法に課題を抱えている。

解決

要望に従った開発に留まらず、ビジネスKGI達成に必要となる機能を探り出すFDD方式による開発計画の策定を支援します。

課題 アジャイル手法の定着

アジャイル開発に着手しているものの、組織レベルでの定着に時間がかかっている。

解決

経験の少ない顧客開発チームにアジャイル開発の基礎教育実施とチーム立上を支援します。