CODE PROJECT

一人ひとり異なる固有の生体情報に秘められた新たな可能性の探究

  • 生体認証
  • スマートシティ
  • プロダクトデザイン
  • UIデザイン
  • UXデザイン

人が生まれながらに持つ固有の生体情報。
これまで個人の特定や認証のために使われてきたこの唯一無二の情報を、一人ひとりにパーソナライズされたものづくりという新たな目的に転用することを試みました。

このCODEプロジェクトでは、目の虹彩から得られる固有の生体情報をグラフィックパターンに変換し、一つ一つ異なるその人のためだけのファッションアイテムやアクセサリーとして表現することで、人が生まれながらに持つ個性や多様性に目を向け、その違いが生み出す美しさや生体情報が持つ可能性を再認識するきっかけとなることを目指しました。

ファッションアイテムやアクセサリーについては、江戸小紋 廣瀬染工場四代目 廣瀬雄一氏、ジュエリーブランド adachiyukari.、そして耐熱ガラスメーカーHARIO Lampwork Factory の職人の方々など、日本のものづくりに深く携わる方々とコラボレーションを行い、手仕事によってひとつひとつ丁寧に仕上げられた唯一無二のオリジナル作品を制作しています。

友岡さんは生体情報の新たな活用に目を向けた「CODE PROJECT」を牽引されていますが、このプロジェクトでは具体的にどういったことをおこなっていたのでしょうか。

「CODE PROJECT」は、これまで個人の特定や認証のために使われてきた生体情報を、一人ひとりにパーソナライズされたものづくりのために活用するための取り組みです。なかでも今回は目の「虹彩」に着目し、撮影によって得られた虹彩情報をアルゴリズムによって固有のグラフィックパターンへと変換し、ファッションアイテムやアクセサリーへと落とし込んでいます。具体的には江戸小紋 廣瀬染工場四代目の廣瀬雄一氏、ジュエリーブランド adachiyukari.、そして耐熱ガラスメーカーHARIO Lampwork Factoryの方々とコラボレーションをおこない、唯一無二のオリジナル作品を制作し、その成果は米国テキサス州オースティンで開催される世界最大級のクリエイティブ・ビジネスの融合イベント「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2019」で発表しました。
そして、このような人それぞれ異なる固有の情報を美しいアクセサリーというオブジェクトに変換するという作品を通して、人が生まれながらに持つ個性や多様性に目を向け、その違いが生み出す美しさを再認識するきっかけとなれば、という思いも込めた取り組みとなっています。

目の虹彩というとセキュリティの領域で活用されている印象が強く、ファッションアイテムへの活用はかなり珍しいですよね。コラボレーションをおこなった職人の方々や、SXSWの来場者からはどのような反響がありましたか?

「虹彩情報をグラフィックに変換する」といってもわかりづらいですが、実際に資料やデモを見せるとすごく面白いと、興味を持っていただけました。SXSWではそもそもジュエリーを出展するようなブースが少ないので、立ち止まってくださる方も多くて。会場では実際に来場者の虹彩を撮影してグラフィックパターンを生成し、ステッカーに印刷して配布もおこなったんです。メーカーの方々もたくさんいらしていて、これなら自動車や家具のファブリックなどにも使えるかもと意見をいただけたのはうれしかったですね。

廣瀬染工場 四代目
廣瀬 雄一
ジュエリーデザイナー
adachiyukari.
HARIO Lampwork Factory

単にプロダクトを売るだけでなく、新たな出会いにもつながったわけですね。そもそもこのプロジェクトはどのように始まったのでしょうか。

NECが持っている技術を活用し、デザインの観点から新しい価値を生み出すことを目指して始まりました。最初は面白そうな技術がないか研究所の方にヒアリングしてまわりました。そして、生体認証はNECが力を入れている技術でもあったので、これがいいんじゃないか、と。ユーザーが自分の好みに合わせてカスタマイズしたスニーカーをつくることができたり、肌の状態を分析して最適な化粧品が提案されたり、パーソナライズされたサービスは大きなトレンドになっていたので、虹彩の活用によって付加価値の高い商品が提供できるのではと考えました。顔認証と比べると虹彩認証はまだマイナーな技術ですが、実際に虹彩の画像を見てみるとどこか神秘的でもあり、すごく魅力的だったんです。顔は一生を通じて変わっていくのに虹彩は生まれてから死ぬまで変わらないというのも面白かった。虹彩認証を扱う事業部からも興味を持ってもらえて、事業部のメンバーもプロジェクトにアサインされたことで社内のコラボレーションもスムーズに進みましたね。これまではセキュリティ系の“堅い”取り組みが多かった事業部も新しい領域へと進出できて、win-winの関係が築けたのだと思います。

デザイナー主体のプロジェクトであることや、SXSWへ出展することなど、これまでにない取り組みばかりで困難も多かったのではと思います。どのような点で苦労されましたか?

SXSWへの出展はNECとしても初めての挑戦だったため、前例がないことばかりで苦戦しました。アメリカのSXSWの事務局とのやり取りから製品の輸出管理など自分たちで進めなければなりませんし、社内にも相談できる人が少ない。SXSWに出展する方々が集まるミートアップイベントなどに参加して、情報交換をしたり、知り合いをつくって相談したり、社外の方とのコミュニケーションも増やしていくようにしました。