サイト内の現在位置を表示しています。

AI需要予測システム DCMSTORE-DF

スーパーマーケット・量販店向けソリューション 「DCMSTORE」

AIを活用した需要予測システムで
適正な販売数を予測

スーパーマーケット・量販店における「人手不足」「食品ロス」の2つの大きな課題に対し、ICTを活用した業務変革が求められています。 NECの最先端AI技術によって店舗ごとの客数・日配品販売数の適正な需要予測により、発注業務の効率化・標準化およびロスや欠品の削減に貢献します。

概要

スーパーマーケット向けAI需要予測ソリューション「DCMSTORE-DF」は、客数予測および日配品の販売数予測を、店舗毎・商品毎に実施できます。
また、発注業務システム「 DCMSTORE-EOB」 との組み合わせにより、商品特性に応じた自動発注方式をご提供します。

「需要予測型自動発注システム」イメージ

  • 赤枠がAI需要予測システム「DCMSTORE-DF」になります

特長

NECの最先端AI技術「異種混合学習」を活用

NECのAI技術の1つである「異種混合学習」は、多種多様なデータの中から精度の高い規則性を自動で発見し、その規則に基づいて最適な需要予測を行うことで、店舗毎、商品毎にきめ細かく対応可能できます。

  • 事象を複数のグループに分ける。(決定木を作成する)
  • それぞれのグループ毎に予測式を作成する。(説明変数の重みづけを行う)
  • 上記を店舗毎・商品毎に実施する。(店舗・商品毎に条件異なるためそれぞれに予測する)

商品特性に応じた最適な自動発注方式をご提供

発注業務システム「 DCMSTORE-EOB」との組み合わせにより、加工食品や日用雑貨は「売上基準方式」や「在庫基準方式」による自動発注を実施します。また、今まで予測が難しかった日配品については、「需要予測方式」での自動発注を実施することで、日々の販売数に応じて在庫を最適化し、発注業務の効率化をご支援いたします。

■カテゴリ別 自動発注機能適用例

※基本機能を説明する為、商品特性は単純化しています。(例:相場商品の要件を記載していません)

自動再学習機能により、常に高精度な需要予測を実現

予測値が実績値とずれてきた場合や、長期間同一の予測モデルを使用していることで予測精度が下がってきた場合は、AI自動再学習機能により、自動で予測モデルの見直しを行い、常に高精度な需要予測を実現します。もちろん、画面上から手動での再学習指示も可能です。