サイト内の現在位置

NECデータ活用基盤 - データ活用に関するホワイトペーパー集

データ活用の実態

NewNomal化したお客様のために企業が取り組むべきこと

 NewNomal時代への柔軟な対応は企業側、消費者側共に必要です。購買の観点では、自分の新しいライフスタイルにマッチした多様な購買手段や購買方法をリアルやネットに関わらず変化し続けています。その為には、消費者起点での「リアルとネット、業態の垣根を超えたサービスの提供」を取り組む必要があり、消費者行動を理解することで新たな価値やサービスの提供を実現しようと考える企業が増えてきています。
 本資料では、消費者へ付加価値を提供するためのデータ収集、お客様の行動把握、顧客育成などを行う上で企業が取り組むべきポイントを事例を交えて解説します。

ダウンロード

工場の見える化に向けたデータ活用と目指すべき姿とは

 他国に追随すべく日本政府も国内製造業の生産性向上、新たな価値を創出するためにデジタルツールを用いたデータ利活用の拡大・迅速化を提唱しています。
 工場内の検査工程や生産プロセスにおけるデータ活用への取組みとしては、約60%の企業が「実施する計画がある」、「可能であれば実施したい」と回答している実態もありますが、一方で、工場内、工場毎のデータやツールがサイロ化しているため、頭を悩ませている企業も多いようです。
 本資料では、工場の見える化に向けて目指すべき姿と、データ活用のあるべき姿を解説します。

ダウンロード

アフターデジタル時代に向けた消費者行動の追跡と目指すべき改善サイクルとは

 モバイルやIoT等で全ての消費者が常にオンラインな状態にある”アフターデジタル”な世界になりつつあり、COVID-19による消費者行動の変化も含め企業は順応が求められています。
 消費者行動が追跡可能となるアフターデジタルにおいては良いモノを提供するだけではなく、 消費者が求めるコトを体験として提供するOMO(Online Merges with Offline)型ビジネスが求められ、それを実現するには消費者の理解が必要です。
 本資料では、変化する消費者行動をどのような改善サイクルで追跡していけばアフターデジタル時代に対応できるのかを解説します。

ダウンロード



業種別のデータ活用のご紹介

【医薬卸向け】データ活用のご紹介

 医薬卸業に向けたデータ活用のご紹介です。
 医薬卸業における様々な悩みに対し、データ起点で解決を図ります。

 <資料内容>
 ●データを活用する目的
 ●医薬卸業界の動向と求められる取り組み
 ●データ活用の観点でのポイントと打ち手
  ・リベート/アロアンスを含む利益管理の即時性向上
  ・営業DX/営業マネジメント
  ・顧客/営業行動分析
  ・物流情報の一元管理
  ・需要予測/在庫情報の共有

ダウンロード

【食品卸向け】データ活用のご紹介

 食品卸に向けたデータ活用のご紹介です。
 食品卸業における様々な悩みに対し、データ起点で解決を図ります。

 <資料内容>
 ●市場環境の変化と食品卸業界の動向
 ●提供機能・価値向上に向けたデータ活用
 ●活用案
  ・リテールサポート ~品揃え提案~
  ・リテールサポート ~仕入時期適正化提案~
  ・メーカーサポート ~商品ランキング~
  ・物流・在庫管理の効率化
  ・既存基盤の強化
 ●データ活用のロードマップ

ダウンロード

【物流向け】データ活用のご紹介

 物流業に向けたデータ活用のご紹介です。
 物流業における様々な悩みに対し、データ起点で解決を図ります。

 <資料内容>
 ●物流業における市場状況
  ・物流業界の動向と求められる取り組み
  ・データ活用観点でのポイント
  ・打ち手(案)
 ●活用案
  ・経営ダッシュボード
  ・リソース管理ダッシュボード
  ・物流分析ダッシュボード
  ・倉庫内作業管理ダッシュボード
  ・文書データ活用ソリューション
 ●NECのデータ活用基盤

ダウンロード

【地銀向け】データ活用のご紹介

 地銀に向けたデータ活用のご紹介です。
 地銀における様々な悩みに対し、データ起点で解決を図ります。

 <資料内容>
 ●DXにおけるデータ活用のトレンド
  ・金融業界におけるデータ活用ニーズの高まり
  ・金融業界におけるデータトレンド
  ・地銀業界における市場環境の変化と目指す姿
  ・地銀業界の動向と求められる取り組み
  ・データ活用の観点でのポイント
  ・打ち手(案)
 ●活用案
  ・経営ダッシュボード
  ・案件/顧客管理ダッシュボード
  ・文書データ活用ソリューション
  ・顧客分析ソリューション
  ・データ統合管理
  ・ビジネスチャンス管理ダッシュボード
  ・保有データの簡易可視化ソリューション

ダウンロード

【保険業向け】データ活用のご紹介

 保険業に向けたデータ活用のご紹介です。
 保険業における様々な悩みに対し、データ起点で解決を図ります。

 <資料内容>
 ●DXにおけるデータ活用のトレンド
  ・金融業界におけるデータ活用ニーズの高まり
  ・金融業界におけるデータトレンド
  ・保険業界における市場環境の変化と目指す姿
  ・保険業界の動向と求められる取り組み
  ・データ活用の観点でのポイント
  ・打ち手(案)
 ●活用案
  ・経営ダッシュボード
  ・案件/顧客管理ダッシュボード
  ・文書データ活用ソリューション
  ・顧客分析ソリューション
  ・データ統合管理
  ・事故災害管理管理ダッシュボード
  ・保有データの簡易可視化ソリューション

ダウンロード

【証券業向け】データ活用のご紹介

 証券業に向けたデータ活用のご紹介です。
 証券業における様々な悩みに対し、データ起点で解決を図ります。

 <資料内容>
 ●DXにおけるデータ活用のトレンド
  ・金融業界におけるデータ活用ニーズの高まり
  ・金融業界におけるデータトレンド
  ・証券業界における市場環境の変化と目指す姿
  ・証券業界の動向と求められる取り組み
  ・データ活用の観点でのポイント
  ・打ち手(案)
 ●活用案
  ・経営ダッシュボード
  ・案件/顧客管理ダッシュボード
  ・文書データ活用ソリューション
  ・顧客分析ソリューション
  ・データ統合管理
  ・情報確認効率化ソリューション
  ・保有データの可視化+簡易分析ソリューション

ダウンロード

【製造業向け】DX時代に必要なデータ活用基盤ディスカッションペーパー

 製造業向けのデータ活用ディスカッションペーパーです。

 日本の製造業が置かれている現状を踏まえると、DX化による生産性の向上と新たな価値創出は待ったなしです。

 データ活用はDXの最重要テーマの1つですが
 ・システムありきでなく、目的やユースケースをしっかり定める事
 ・データ活用を進める上で発生するいくつもの壁を乗り越える事
 が成功の要因になります。

 打合せにおいて本ディスカッションペーパーを使用し、上記2点を議論することで、お客様にとって最適なデータ活用の進め方をご提案いたします。

 <資料内容>
  ●日本の製造業が置かれている環境と課題
  ●データ活用を進める上での壁
  ●データ活用領域とユースケース
   - 経営KPI領域
   - 消費者接点領域
   - 工場領域

ダウンロード



データ加工/管理

競争力の源泉となる顧客情報、その利用範囲を拡大するカンタン仮名加工のススメ

 従来、個人情報の利用は厳しく制限されてきました、法改正により新設される仮名加工情報に加工をすれば利用範囲を拡大できるようになりました。一方で個人情報の管理強化も求められており、対応が急務となっています。
 顧客接点のデジタル化が加速する昨今、顧客情報を活用して競争力の向上を模索する企業が少なくありません。これは2020年の個人情報保護法の改正で、仮名加工情報化による許諾範囲外の活用が可能になったことが大きいです。一方で、改正法により個人が自身の情報の利用停止・消去を請求しやすくなったため、個人情報の管理強化もまた急務となっています。
 本資料では、これら個人情報の活用に欠かせない必要機能である、仮名加工情報化やデータカタログを解説するとともに、利用イメージや導入事例を紹介します。

ダウンロード

名寄せやデータカタログを安価に実装、「データマネジメント」強化の具体策とは

 異なる販売チャネルや事業のデータを統合し、企業全体でデジタル経営を目指すための「名寄せ」や、データをより活用するためのデータの所在や意味などの情報を管理/検索する「データカタログ」。これらをコストを抑えて実装する方法とは?
 オンプレミスやクラウドにデータが分散する今、それらを統合/管理するデータマネジメントの重要性が増しています。特に需要が高まっているのが、デジタルとリアルなど異なるチャネルや事業/拠点のデータを統合する「名寄せ」や、それらデータをより活用するためデータの所在や意味といった情報を管理/検索する「データカタログ」です。
 本資料では、このETLとデータカタログを実現する「Talend」ソリューションについて紹介します。

ダウンロード

今流行りのデータ統合・名寄せとは

消費者起点でのリアルとネット、業態の垣根を超えたサービスの提供に取り組むために必要となるデータ統合と名寄せについて解説します。

ダウンロード