サイト内の現在位置

NECデータ活用基盤 - データ活用に関するホワイトペーパー集

データ活用の実態

NewNomal化したお客様のために企業が取り組むべきこと

 NewNomal時代への柔軟な対応は企業側、消費者側共に必要です。購買の観点では、自分の新しいライフスタイルにマッチした多様な購買手段や購買方法をリアルやネットに関わらず変化し続けています。その為には、消費者起点での「リアルとネット、業態の垣根を超えたサービスの提供」を取り組む必要があり、消費者行動を理解することで新たな価値やサービスの提供を実現しようと考える企業が増えてきています。
 本資料では、消費者へ付加価値を提供するためのデータ収集、お客様の行動把握、顧客育成などを行う上で企業が取り組むべきポイントを事例を交えて解説します。

ダウンロード

工場の見える化に向けたデータ活用と目指すべき姿とは

 他国に追随すべく日本政府も国内製造業の生産性向上、新たな価値を創出するためにデジタルツールを用いたデータ利活用の拡大・迅速化を提唱しています。
 工場内の検査工程や生産プロセスにおけるデータ活用への取組みとしては、約60%の企業が「実施する計画がある」、「可能であれば実施したい」と回答している実態もありますが、一方で、工場内、工場毎のデータやツールがサイロ化しているため、頭を悩ませている企業も多いようです。
 本資料では、工場の見える化に向けて目指すべき姿と、データ活用のあるべき姿を解説します。

ダウンロード

アフターデジタル時代に向けた消費者行動の追跡と目指すべき改善サイクルとは

 モバイルやIoT等で全ての消費者が常にオンラインな状態にある”アフターデジタル”な世界になりつつあり、COVID-19による消費者行動の変化も含め企業は順応が求められています。
 消費者行動が追跡可能となるアフターデジタルにおいては良いモノを提供するだけではなく、 消費者が求めるコトを体験として提供するOMO(Online Merges with Offline)型ビジネスが求められ、それを実現するには消費者の理解が必要です。
 本資料では、変化する消費者行動をどのような改善サイクルで追跡していけばアフターデジタル時代に対応できるのかを解説します。

ダウンロード



データ加工/管理

競争力の源泉となる顧客情報、その利用範囲を拡大するカンタン仮名加工のススメ

 従来、個人情報の利用は厳しく制限されてきました、法改正により新設される仮名加工情報に加工をすれば利用範囲を拡大できるようになりました。一方で個人情報の管理強化も求められており、対応が急務となっています。
 顧客接点のデジタル化が加速する昨今、顧客情報を活用して競争力の向上を模索する企業が少なくありません。これは2020年の個人情報保護法の改正で、仮名加工情報化による許諾範囲外の活用が可能になったことが大きいです。一方で、改正法により個人が自身の情報の利用停止・消去を請求しやすくなったため、個人情報の管理強化もまた急務となっています。
 本資料では、これら個人情報の活用に欠かせない必要機能である、仮名加工情報化やデータカタログを解説するとともに、利用イメージや導入事例を紹介します。

ダウンロード

名寄せやデータカタログを安価に実装、「データマネジメント」強化の具体策とは

 異なる販売チャネルや事業のデータを統合し、企業全体でデジタル経営を目指すための「名寄せ」や、データをより活用するためのデータの所在や意味などの情報を管理/検索する「データカタログ」。これらをコストを抑えて実装する方法とは?
 オンプレミスやクラウドにデータが分散する今、それらを統合/管理するデータマネジメントの重要性が増しています。特に需要が高まっているのが、デジタルとリアルなど異なるチャネルや事業/拠点のデータを統合する「名寄せ」や、それらデータをより活用するためデータの所在や意味といった情報を管理/検索する「データカタログ」です。
 本資料では、このETLとデータカタログを実現する「Talend」ソリューションについて紹介します。

ダウンロード

今流行りのデータ統合・名寄せとは

消費者起点でのリアルとネット、業態の垣根を超えたサービスの提供に取り組むために必要となるデータ統合と名寄せについて解説します。

ダウンロード



ゼロクリックによる情報取得の迅速化

情報検索や画面切替が不要?ゼロクリックで情報を表示する新たな技術とは

 データが溢れる時代だからこそ活用が進まないという実態があります。データに基づく判断や業務品質の向上を実現するには、業務で必要なタイミングで必要な情報を直ぐに得られることが重要です。
 本資料では、情報を探すことなく、使い慣れた業務画面のなかで瞬時に確認できることが業務にデータを活用するためのポイントを解説します。
 ご参考情報として、それらを既存システムの改修なく実現する革新的な新技術を持つソリューションの概要もご紹介します。

ダウンロード