ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 組込みシステムソリューション
  4. プリント基板・LSI設計
  5. CyberWorkBench
  6. FPGAカードを使った製品提供サービス
  7. FPGAアクセラレーション・プラットフォーム
  8. 事例案
ここから本文です。

FPGAカードを使った製品提供サービス

事例案

処理の高速化と省電力、低コストを実現する方法について事例を交えてご紹介します。
1.顔認識エンジンFPGA化
2.AIエンジンFPGA化
3.画像認識エンジンFPGA化
4.画像圧縮エンジンFPGA化
5.目視検査を自動化

IoT端末向け小型FPGAモジュールなどのラインナップ情報をはじめ
詳細スペック、ロードマップをご紹介

顔認証エンジンをFPGA化

動画フレーム内の顔検出処理をFPGA化。
CPUに比べて約20倍の高速化を実現。

●NeoFaceとは
 NEC the WISE AIエンジンの一つで、静止画、動画の中から登録された人物を即座に検出するエンジン
●今回 FPGA化を行った範囲
 動画フレームの中から顔を検出する処理部分
●ターゲットデバイス
 ALTERA Arria10 GX1150
●性能比較
 CPU比較で約20倍の高性能化

  Xeon CPU FPGA             
2kHD画像からの顔検出に要した時間 100ms 4.7ms

FPGAカード

AIエンジンFPGA化

●RAPID 機械学習 とは
   NEC the WISE AI エンジンの一つで、静止画動画の中から登録された人物を即座に検出するエンジン
●FPGA 化適用範囲
   RAPID機械学習の学習と判定処理を行うコア処理部分
●デバイス
   Xilinx Zynqシリーズ XC72045
※実機としてはXilinx社製XC706評価ボード使用
●性能比較
   MNIST手書き数字データセットで学習したRAPIDコアをZynq SoC搭載のARMコアで実行した場合とFPGA処理した場合の処理時間を比較

  cortex-A9 2コア800MHz FPGA            
MNIST手書き数字検証データ1万個の判定に要した時間 100ms 4.7ms

画像認識エンジンFPGA化

●LPR とは
 走行している自動車の画像・動画からナンバープレート情報を自動認識する技術
   NECでは古くからナンバープレート認証に取り組んでいるが、機械学習(CNN)を応用し検出の高精度化を実現
●今回 FPGA化を行った範囲
 動画フレームの中からナンバープレート位置を検出する処理部分
●ターゲットデバイス
 ALTERA Arria10 GX1150

画像圧縮エンジンFPGA化

●StarPixelとは
   StarPixelは、小型軽量・低電力な端末で効率的な画像蓄積・伝送を実現するNEC独自の高速・高圧縮画像圧縮エンジン。
●今回 FPGA 化を行った範囲
●デバイス
   Altera社 Arria V
   動作周波数:150MHz動作(フルハイビジョン、60fps)  

目視検査を自動化

ベテラン検査員による目視検査を自動化し、現場負荷を省人化

検査員による目視検査の自動化

IoT端末向け小型FPGAモジュールなどのラインナップ情報をはじめ
詳細スペック、ロードマップをご紹介

ページの先頭へ戻る