サイト内の現在位置

誰もが夢を抱き、挑戦できる社会の実現へーNECと堀米・野中・国枝・中西4選手が挑む

NECと、さらなる高みを目指し挑戦し続けるトップアスリート4選手-堀米雄斗選手(スケートボード)、野中生萌選手(スポーツクライミング)、国枝慎吾選手(車いすテニス)、中西麻耶選手(陸上競技)の想いが重なった「NEC +CHALLENGE PROJECT(プラスチャレンジ プロジェクト)」がスタートしました。「誰もが夢を抱き、挑戦できる環境づくりに貢献する」というプロジェクト。なぜNECが、なぜ4選手がこのプロジェクトに挑むのか。

いよいよNECと4選手による新たなプロジェクトが始まった

2022年8月18日、堀米選手、野中選手、国枝選手、中西選手が NEC本社に集結。NECと4選手の新たなコラボレーションによるプロジェクト「NEC +CHALLENGE PROJECT」の発足が発表されました。

「安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指す」ことを、Purpose(存在意義)として掲げるNEC。そのPurposeを実現するために、「国籍や性別、障がいの有無に関わらず、スポーツを通じて、誰もが夢を抱き、挑戦できる環境づくりに貢献したい」-「NEC +CHALLENGE PROJECT」には、NECの強い想いが込められています。プロジェクトのロゴも新たに制作し、挑戦し続ける強い意志とそれを応援する強い想いを太い文字で表現。「+」の部分は、このプロジェクトの中心となる4選手をイメージして4本のラインで表現しています。

「企業の後押し、大きな弾みに」「挑戦しなければ始まらない!」

競技も世代も異なる4選手が、なぜ、このプロジェクトに賛同したのか。

「競技で結果を残すことはもちろん、これからは自分の経験を社会に還元していきたい」と話す中西選手は、「平均値をとって、皆に同じサービスを提供する時代から、個々にフォーカスし、その人にとって何が大切で、どんなサポートができるかという対応力が問われる時代に転換してきている。NECのような企業が、力を必要としている人たちの背中を押すのは、大きな弾みになる。一緒に挑戦したい」と語ります。

「“環境”と出会えるのは大きい。“環境”があるからこそ、挑戦ができる。そして、情報が入ってくる」と自身の経験を交えて話す国枝選手。11歳の頃、車いすテニスのスクールに通うようになって、自立した生活を送る車いすの先輩方と出会い、自分の未来は大丈夫!と希望を持つことができたそう。「車いすテニスをもっと全国に広めたい。スポーツが希望を持つきっかけになれば嬉しい」と強調しました。

国枝慎吾選手

中西麻耶選手

続いて、「スポーツクライミングは、老若男女問わず挑戦できるところに魅力がある」と語る野中選手は、「自分がスポーツクライミングを通して、見たこと、感じたことを言葉にして伝え、皆さんが目標に向かって挑戦するエネルギーにしてもらえれば」と志を話しました。

そもそも「挑戦する」ということについて、トップアスリートはどのように捉えているのかー「スケートボードでは、技を決めることが大事だが、それ以上に、その技に挑戦することが一番大事」と話す堀米選手。「挑戦しないと何もはじまらないし、成功もしない。日々練習し、挑戦して、壁を乗り越えることが重要」と続けます。

そして、「スケートボードは個人競技ではあるけれど、自身の挑戦を、アメリカのプロスケーター仲間をはじめ、色んな人たちが支えてくれている。活躍することで恩返しをし、次世代につなげていきたい」と、語りました。

堀米雄斗選手

野中生萌選手

NEC社員の挑戦も後押し 夢を抱くことの素晴らしさを感じて

NECは以前より、HR(Human Resources)方針として「挑戦する人の、NEC。」を掲げ、人と組織の変革を推進。社員の挑戦を後押ししてきました。挑戦すること、たとえ失敗したとしてもそこから学びを得ることにより、強い個人・強いチームへと成長し、2025中期経営計画の実現、そして2030VISIONの推進を目指しています。

プロジェクトの発表イベント後には、NECグループ社員向けオンラインイベントを実施。4選手が挑戦について話しながら、社員の日ごろの挑戦を後押し。さらに社員からの質問に選手が答える質問タイムやNECクイズによる交流を通して、4選手と社員との共感を広げ、プロジェクトのスタートを盛り上げました。

このプロジェクトは今後、この4選手が講師となり、幅広い層に対して「夢を持つ素晴らしさ、挑戦することの楽しさ」を感じてもらうイベントを開きます。11月12日(土)には 国枝・中西選手のコラボ、11月19日(土)には 堀米・野中選手のコラボが予定されており、詳細は後日 NEC +CHALLENGE PROJECTの公式サイトで公開されます。

夢を抱くこと。その実現に向けて、仲間とともに挑戦をすること。そして挑戦することで感じる、楽しさや自分の成長、その先にある希望。それらが毎日に彩りを与え、個々の豊かな人生へとつながる──。Purpose実現に向けた、「誰もが夢を抱き、挑戦できる環境づくり」が今、始まりました。NECと4選手のコラボレーションに、ぜひご注目ください。

【関連リンク】