DXオペレーション革新


アフターサービス

顧客は導入した設備を効率的且つ長期的に使いたいと考えるようになっています。一方、労働力不足が進展する中、保守体制維持やスキル伝承が難しくなっています。製造業のアフターサービスはこれまで製品販売の付随業務と捉えられており、十分な対価を得られていないケースもありました。サービス高度化や提供方法見直しにより継続的な収益確保を図ると共に、データを活かした新たな営業活動を行う等、これまでの取組みを戦略的に見直していく必要があります。

サービス内容

  • アフターサービス戦略策定
  • アフターサービス領域のシステム全体像モデリング
  • コールセンター、修理/保守サービス等の高度化に向けたVOCの分析 

移動オペレーション革新(鉄道業界)

移動ニーズ多様化への対応、地方路線の採算悪化、働き手の減少等、鉄道業者には駅や運行業務のさらなる効率化が求められています。利用者が少ない駅では駅業務の省人化・省力化や無人駅の安全確保等によりスマート化を実現する一方で、 人が集まるターミナル駅ではおもてなし機能の充実が必要です。運行において可変的なダイヤやプライシングを導入するようになると業務は複雑化する為、判断系まで含めた自動化が必須となります。

サービス内容

  • 施策検討に直結する移動業務分析
  • 実践的なデジタル化施策の企画支援

CBM(自社設備等のメンテナンス)

交通事業者は輸送ビジネスでの採算確保が難しくなりつつある中、固定費を最小限に抑えることが急務となっています。一方で、故障を事前に予知し、適切な修繕を行うことで、より一層の安全安心な輸送を提供することも重要です。状態監視をベースとした効率的な保守オペレーション体制を構築することが求められています。

サービス内容

  • CBM化の全体方針策定
  • 業務・システムモデリング

店舗オペレーション革新

労働人口の減少により、店舗業務を行う人材の確保が難しくなっています。小売店舗のオペレーション(商品(棚割り、仕入れ、価格)、設備(稼働)、従業員(レジ、シフト)、お客様(入店、探し物))は自動化していかなければなりません。自動化によって、省人化・省力化を目指すとともに、お客様対応に割く時間を増やすことも可能になります。 また、店のIoTを通じて本部とつながり、専門的な接客を本部が行ったり、各種プロモーション施策の効果を評価したりする等の活用も見込まれます。

サービス内容

  • 業務モデリングによるオペレーション方向性の策定
  • 本部等店舗外との連携も含めた包括的な改革施策の策定

ロジスティックス革新

物流業界は、人手不足や小口配送増加による物流複雑化といった問題に直面しています。荷主からの配送委託需給の最適化や、配送ルートの最適化、ラストワンマイルの革新(ドローン活用等)、ターミナル業務の自動化が求められます。オペレーションの効率化だけでなく、荷主の様々な物流ニーズへの細かな対応や輸送状況の可視化によるサービス高度化に対応していく必要があります。

サービス内容

  • ロジスティックス全体構想
  • 物流サービスデザイン
  • IoT・AI等のテクノロジーモデリング

金融オペレーション革新

多様化するニーズに応じた新金融サービスや様々な規制への対応等、クイックな新サービス提供が求められています。一方で、旧態依然とした紙媒体・人作業や、過去資産を継承した複雑なシステムが大きな阻害要因となっています。金融機関内のお客様の各種申込業務、本人確認、バックオフィス業務、事後処理や当局への届け出等において、自動化・集約・お客様によるセルフアシストを通じて業務全体を効率化します。また、金融機関間の相互業務における連携方法の効率化も重要です。

サービス内容

  • 業務モデリングによるオペレーション方向性の策定
  • フロントからバックまで一貫した業務オペレーション体系の策定

お問い合わせ