ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CONNEXIVE
  4. 動作環境
  5. ICE V1.2
ここから本文です。

CONNEXIVE IoT Connectivity Engine - 動作環境

ICE 製品概要

前のバージョン(V1.1)

V1.2

ICE Backend (L5)

ハードウェア CPU Intel(R) Xeon(R) CPU @ 1.90GHz 相当 × 2Core
メモリ 2GB
ディスク空き容量

4GB以上 (※1)

ソフトウェア OS

Red Hat Enterprise Linux 7 (x86_64)

CentOS 7 (x86_64)

構成管理ツール

Ansible 2.2.0.0, 2.4.2.0, 2.7.5.0 (Python 2.7)

MongoDB 3.6.9
RabbitMQ 3.7.9 (Erlang 21.1.4)
nginx 1.14.2
Node.js 10.14.2
  • (※1)

    ディスクサイズはOS分や集配信するファイルサイズと操作データを除く

ICE Core (L3)

動作確認済みエッジ機器 エッジゲートウェイ、FC (Linuxモデル)、
OpenBlocks IoT、Raspberry Pi 3 Model B 

他、以下要件を満たす機器に対応

ハードウェア

CPU

最小 500MHz×2Core、推奨 1GHz×2Core

メモリ

最小 128 MB以上、推奨 512 MB以上

ディスク空き容量

100 MB以上 (※1)

ソフトウェア OS

Debian 8/9
Raspbian Jessie/Stretch
MIRACLE LINUX V6 (※2,3)
Windows10 IoT Enterprise 2016 LTSB (※3)
Windows Server 2016 Essentials/Standard/Datacenter (※3)

Node.js

Node.js 10.14.2

  • (※1)

    ICE が出力するsyslogのログメッセージ分、アプリが利用するサイズ分を除く

  • (※2)

    FC (Linuxモデル) でのみ検証済み

  • (※3)

    AI Add-on利用時は未サポート

ICE AI Add-on

連携可能なAIエンジン RAPID機械学習 画像解析 V2.2

上記以外の環境での動作についてはお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ