ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CONNEXIVE
  4. 製品
  5. PF
  6. 特長/機能
ここから本文です。

CONNEXIVE Platform - 特長/機能

特長

IoT/M2Mサービス実現に必須な全ての機能(データ収集、加工、可視化、外部連携)を提供

接続容易性

・HTTP接続ライブラリを提供。NW接続機器の遠隔管理プロトコル(TR-069)もサポート
・汎用DAG (Java/C++)を介して同期/非同期が可能

開発容易性

・ワークフローで用意された標準的な処理ロジックを組み合わせることで、データの加工や統計分析などが容易に可能 標準アプリにより、データ検索や地図/グラフ/表での情報表示をWeb UI経由で可視化可能

拡張性

・利用規模に合わせて、最適なシステム構成でスタートが可能

外部連携性

・Open Web APIを介して多種多様な外部製品と連携が可能

機能

IoT-GW機能

GUI画面からの簡単な設定のみで様々な機器・センサと接続、データを可視化

  • 簡単な操作で様々な機器・センサとの接続を可能にする機能
  • グラフ表示にも対応したGUIで、データの可視化や機器のモニタリングを手軽に実現
  • マルチテナントにも対応

ワークフロー制御

フルスクラッチと比較して短期間、低コストでの開発が可能。

接続エージェントSW

CONNEXIVE Platformとの接続をノンカスタマイズで実現するSWモジュール「汎用デバイスエージェント(DAG)」を提供

  • デバイス側/アプリ側からの通信、同期/非同期のいずれの通信にも対応。
  • 通信の向きは常にデバイス⇒サーバで、NAT変換を意識せずに通信可能。
  • デバイスからはローカルのAPIを呼び出すだけで通信が可能。
  • Java版、C++版の2種類を用意。OSもLinuxやAndroidなどに対応。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る