ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CONNEXIVE
  4. CONNEXIVE IoT Connectivity Engine
  5. 動作環境
  6. V1.1
ここから本文です。

CONNEXIVE IoT Connectivity Engine - 動作環境

V1.1

ICE Backend (L5)

ハードウェア メモリ 最小2GB以上、推奨4GB以上
ディスク空き容量

4GB以上 (※1)

ソフトウェア OS

Red Hat Enterprise Linux 6.8 (x86_64)

Red Hat Enterprise Linux 7.3

CentOS 6.8 (x86_64)

CentOS 7.3

データベース

MongoDB 3.4.2 以上

メッセージブローカ

RabbitMQ 3.6.6 以上

Webサーバ

nginx 1.10.3 以上

構成管理ツール

Ansible 2.2.0.0

Erlang

Erlang 19.2.3 以上

Node.js

Node.js 6.9.5 以上

Python

Python 2.6
Python 2.7

  • (※1)

    ディスクサイズはOS分や集配信するファイルサイズと操作データを除きます。

ICE Core (L3)

動作確認済みゲートウェイ装置
動作要件
ハードウェア

CPU

最小 500 MHz 2コア以上、推奨 1 GHz 2コア以上(※1)

メモリ

最小 128 MB以上、推奨 512 MB以上

ディスク空き容量

100 MB以上 (※2)

ソフトウェア OS

Debian 8以降

  • (※1)上記"CPU"スペック を ICEが常に100%使用するわけではありません。システム全体の安定稼働のために余裕を持たせた値にしています。
  • (※2)

    CONNEXIVE ICE はログメッセージをsyslogに出力します。そのため、syslogのローテーション条件によってはCONNEXIVE ICE の稼働時に上記以上の空きディスク容量が必要になる場合があります。

上記以外の環境での動作についてはお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る