サイト内の現在位置を表示しています。

NECプロボノイニシアティブ

プロボノへの累計社員参加者数 195 (2020年3月末現在)
社員が持つスキルで社会企業家の抱える課題解決のサポートを
NPO法人サービスグラントと協働で国内企業としては初めてプロボノを開始

社員の持つプロフェッショナルスキルを、「NEC社会起業塾」卒塾生等、NPOや社会起業家の抱える課題解決に役立てるプログラムです。
2010年より、NPO法人サービスグラントと協働で国内企業としては初めてプロボノを開始し、2019年度までに社員195名が参加しました。

NPOや社会起業家が必要とするニーズに対して、社内で参加者を一般公募し、1チーム5名~8名でチームを組んで、起業家の支援をおこなうものです。

NPOや社会起業家が取り組む社会変革の現場へ参画することにより、社会感度を高め、社会課題を起点とした新たなサービスやソリューションを創出することを目指します。

参加社員の声

  • 同じNECグループの様々な部門・職種の方が一つのチームとなってプロジェクトを行うことで、多様な考え方を融合させることができ、普段の業務ではなかなか生まれない考えが出ることに気づきます。このプロボノ活動は今会社が目指すイノベーションのヒントになっているように感じました。

支援団体の声 株式会社GRA 代表 岩佐 大輝氏

  • 支援者・受益者との関係強化の為のCRMの仕組みを、Salesforceを利用して構築頂きました。多様性に富んだチームで、コンサルの方は論理的議論やスライド作成、営業の方はファシリテーションや雰囲気作り等、本業でのご経験を活かし、何回か難所もありましたが、プロジェクトマネージャの粘り強いリーダーシップで、チームとしての一体感は最後まで失わず、無事完成までこぎつけました。現地に2回に渡り視察され、現地メンバーとも交流頂きました。現在は、いくつかの業務での利用が始まったところです。我々だけでは、自団体だけでここまでの仕組みを作り上げる事は絶対にできませんでした。本当にありがとうございました。参加頂いた皆さんはGRAの一員だと思っています。これからもよろしくお願いします。

協働団体の声 NPO法人サービスグラント 代表 嵯峨 生馬氏

この「NECプロボノイニシアティブ」は、「NEC社会起業塾」で起業家を輩出し、ビジネスサポーターで彼らの成長の土台となる組織基盤づくりを支援する、「インキュベーション」と「プロボノ」とを有機的に組み合わせた、戦略的な企業市民活動のモデルケースです。

関連リンク