サイト内の現在位置

ベクトル高速化とメッシュ自動生成で複雑形状を伴う流体数値実験をより身近なものに!

流体解析計算格子

こんなお困りごとはありませんか?

  • スカラープロセッサを用いた計算システムでは速度に不満がある。
  • 形状変更による効果の比較が必要なため、計算格子の作成にあまり時間がかけられない

ソリューション紹介動画

ソリューションイメージ

↓ 詳しい資料はこちらから ↓

NEC SX-Aurora TSUBASAと3 次元エンジン燃焼解析ソフトウェアHINOCAのプラットフォームである流動部分をベクトル化したAdvance/V-HINOCAとの連携により、複雑な形状を伴う流体解析を、より高速に、より少ない工数で実施できます。CADデータを読み込み、形状を自動抽出し計算格子を作成するため、形状変更や物体の配置変更による格子の再作成といった手戻りを無くし、流れを伴う構造の最適化を行うといった作業を効率化する事が可能です。

お問い合わせはこちらから ↓

本ソリューションは、「NEC 共創コミュニティ for Partner」にご加入いただいた以下のパートナー企業様と共創したソリューションです。

共創パートナー企業

本ソリューションはアドバンスソフト株式会社・NECからの販売となります。

関連サイト