サイト内の現在位置を表示しています。

CLUSTERPRO X OperationHelper for WSFC - 動作環境

WSFC : Windows Server Failover Cluster

CLUSTERPRO X OperationHelper for Windows Server Failover Cluster 動作環境

CLUSTERPRO X OperationHelper for Windows Server Failover Cluster(以後、WSFC)は、下記の環境で動作します。またWSFCが稼働している必要があります。

サーバーコンポーネント

対象機種 x86,x64サーバー
Windows Server Failover Clusterが動作可能
対応OS Windows Server 2016 Standard Edition  (x64版)
Windows Server 2016 Datacenter Edition (x64版)
Windows Server 2012 R2 Standard Edition   (x64版) 
Windows Server 2012 R2 Datacenter Edition (x64版)
Windows Server 2012 Standard Edition   (x64版)
Windows Server 2012 Datacenter Edition (x64版)
Windows Server 2008 R2 Datacenter Edition (x64版)
Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition  (x64版)
Windows Server 2008 Datacenter Edition (x64版)
Windows Server 2008 Enterprise Edition  (x64版)
Windows Server 2008 Datacenter Edition (x86版)
Windows Server 2008 Enterprise Edition  (x86版)

  • Windows Server 2016 をご利用の場合、PP・サポートサービスから入手可能なアップデートモジュール(CPRO-OHv322) の適用が必要です。
対象システム(*1) Windows Server Failover Cluster
  • Windows Server 2012 以降では64ノードまで対応
  • Windows Server 2008 R2 以前では16ノードまで対応
対応仮想化環境 Windows Server Failover Cluster の動作する仮想化環境
必要最小メモリ 8MB
必要ハードディスク 3MB
必須ソフトウェア
  • メールサーバー
    (メール通報機能をご利用になる場合)
  • Microsoft .NET Framework 4.5
    (Windows Server 2012 以降でOperationHelperを使用する場合)
    (*2)

クライアントコンポーネント

対象機種 下記OSが動作する機種
対応OS Windows XP Professional
Windows Server 2003 Family
Windows Server 2003 R2 Family
Windows Vista Ultimate
Windows Vista Enterprise
Windows Vista Business
Windows Server 2008 Family
Windows Server 2008 R2 Family
Windows 7 Professional
Windows 7 Ultimate
Windows 8 Professional
Windows 8 Enterprise
Windows Server 2012 Standard Edition
Windows Server 2012 Datacenter Edition
Windows Server 2012 R2 Standard Edition
Windows Server 2012 R2 Datacenter Edition
Windows Server 2016 Standard Edition
Windows Server 2016 Datacenter Edition
対象システム(*1)
必要最小メモリ 6MB
必要ハードディスク 3MB(インストール時には8MB)
必須ソフトウェア

WebManager

対象機種 下記OSが動作する機種
対応OS
«Webブラウザー»
Windows Server 2012 R2 « IE11 »
Windows Server 2012 « IE10 »
Windows Server 2008 R2 « IE8 »
Windows Server 2008 « IE7 »
Windows Server 2003 R2 « IE6 SP1 »
Windows Server 2003 SP1 以降 « IE6 SP1 »
Windows 8.1 « IE11 »
Windows 8 « IE10 »
Windows 7 « IE8 »
Windows Vista « IE7 »
Windows XP SP3 « IE6 SP2 »
必要メモリ容量 40MB
必要ディスク容量 300KB以上 (Java 実行環境に必要な容量を除く)
必須ソフトウェア WebManagerを使用する場合には、Java 実行環境が必要です。
Oracle
Java™ Runtime Environment Version 6.0 Update 21 (1.6.0_21)以降
または Version 7.0 Update 2 (1.7.0_2) 以降
または Version 8.0 Update 101 (1.8.0_101) 以降(*3)
  • *1
    サーバーコンポーネントならびにクライアントコンポーネントはIPバージョン6に対応しておりません。
  • *2
    Windows Server 2012 以降で、WSFC構成情報取得コマンドとクラスターログ取集機能を利用するには、Microsoft .NET Framework 4.5 が必要となります。これらの機能を利用しない場合は不要です。
  • *3
    WebManager に接続するためには、管理用PCのWebブラウザーにJava実行環境(Java™ Environment Version 6.0 Update 21(1.6.0_21) 以降、または、Version 7.0 Update 2(1.7.0_2) 以降、または、Version 8.0 Update 101(1.8.0_101) 以降) のJavaプラグインがインストールされている必要があります。
    管理用PCにJava実行環境がインストールされていうない場合、WebブラウザーからJavaのインストールを促されることがあります。
    既にインストール済みの場合は、WebManagerで動作確認されているバージョンのJava実行環境であることを確認し、インストールの要否を判断してください。
    WebブラウザーにJavaプラグインを組み込む方法については、Webブラウザーのヘルプ、ならびに、Java実行環境のインストールガイドを参照してください。