サイト内の現在位置

CLUSTERPRO X - 特長/機能

機能強化ポイント

CLUSTERPRO X 5.2

1. クラウド対応強化

Amazon Linux 2023(x86_64、ARM64)に対応
x86_64に加え、AWS Graviton プロセッサ(ARM64)のインスタンスでも動作可能に
AWS Outpostsサーバー上でのHAクラスターを実現
クラウド環境上で動作するCLUSTERPROと同一の操作・UIでオンプレミス環境のAWS Outposts上でも高可用性を提供
OCI環境向けDNSリソースを追加
OCIのDNSサービスを利用した切り替え方式が利用可能に
その他クラウド対応強化
その他クラウド対応強化

2. ユーザビリティ強化

コンフィグコード化支援サービス(有償)を開始
IaC(Infrastructure as Code)による構築自動化をご検討のお客様へ CLUSTERPROの設定作業のコード化を支援します
IaC関連機能強化
コマンドやRESTful APIの機能を拡張しIaCによる運用の自動化をより容易に
複数年に対応したPPSupportPackの拡充
1年~10年分の全てのPPSupportPackを定義
その他ユーザビリティ強化
その他ユーザビリティ強化

3. 新PF/AP対応

対応プラットフォーム・アプリケーション追加
対応プラットフォーム・アプリケーション追加

CLUSTERPRO X 5.1

1. クラウド対応強化

状態遷移テストツールを追加
クラスターの状態遷移が正常に行われるかを検証するツールを追加。従来、手作業&時間がかかっていた状態遷移テストが自動かつ簡単に
Azure向け強制停止リソースを追加
ハングアップ等による両系活性を防止する強制停止機能を強化。業務起動前に障害ノードを強制停止する機能をGUI設定で利用可能に
その他のクラウド環境における構築・運用容易化
構築時、運用時について

2. セキュリティ強化

Cluster WebUIの操作ログを表示する機能を追加
Cluster WebUIで実施した操作の履歴を表示するタブを追加。誤操作や不正な操作の形跡を確認することが可能に
ログの保存期間を設定する機能を追加
Cluster WebUIでログの保存期間を設定する項目を追加。ログ保存に関する要件への対応が容易に
フローティングIPを送信元IPアドレスとして設定する機能を追加
Cluster WebUIでフローティングIPを送信元IPアドレスとして設定できる項目を追加。ファイアウォールのポート開放設定を必要最低限にすることが可能に
その他のセキュリティ強化
OpenSSL 3.0対応。TLS 1.1 無効化

新PF/AP対応

対応プラットフォーム・アプリケーション追加
データベース、ファイルシステム、Java実行環境、Javaアプリケーション

CLUSTERPRO X 5.0

1. クラウド対応強化(IaC・セキュリティ強化)

AWSにおける同一AZ内のHAクラスタリング対応(AWS セカンダリIPリソース追加)
AWSにおける同一AZ内のHAクラスタリング対応(AWS セカンダリIPリソース追加)
AWS, OCI向け強制停止リソースを追加
AWS, OCI向け強制停止リソースを追加
クラスタ構成情報ファイル生成コマンド強化(clpcfadm.pyコマンド追加)
クラスタ構成情報ファイル生成コマンド強化(clpcfadm.pyコマンド追加)
ファイアウォール設定簡易設定化ツール追加(clpfwctrlコマンド追加)
ファイアウォール設定簡易設定化ツール追加(clpfwctrlコマンド追加)

2. ユーザビリティ強化

PPサポート+プロアクティブ診断サービス
PPサポート+プロアクティブ診断サービス
Cluster WebUIの強化(リソースやモニタの複製・移動・横断設定など)
Cluster WebUIの強化(リソースやモニタの複製・移動・横断設定など)

3. 新PF/AP対応

OS/PF対応一覧
OS/PF対応一覧
カーネル検証サービス
カーネル検証サービス

CLUSTERPRO X 4.3

1. クラウド市場向け強化

Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) 連携
Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) 連携
Amazon CloudWatch 連携
Amazon CloudWatch 連携
Google Cloud DNSリソース追加
Google Cloud DNSリソース追加
クラウドでニーズの高まるディスクミラーリング機能を強化
クラウドでニーズの高まるディスクミラーリング機能を強化
スナップショットバックアップ/リストア時の事前・事後処理コマンドを追加
スナップショットバックアップ/リストア時の事前・事後処理コマンドを追加
ミラーリング通信経路の暗号化機能を追加
ミラーリング通信経路の暗号化機能を追加
IaC (Infrastructure as Code) 対応
IaC (Infrastructure as Code) 対応
CLUSTERPRO X SingleServerSafe コンテナ連携強化(Linux版のみ)
CLUSTERPRO X SingleServerSafe コンテナ連携強化(Linux版のみ)

2. ユーザビリティ向上

Cluster WebUI リファレンスガイド連携
Cluster WebUI リファレンスガイド連携

CLUSTERPRO X 4.2

1. クラウド市場向け強化

対応クラウド拡充
対応クラウド拡充

ソフトウェア構築ガイドも対応済み!
popuphttps://jpn.nec.com/clusterpro/clpx/guide.html

クラウドストレージコスト削減(ミラーディスク容量の無停止拡張※1)
クラウドストレージコスト削減

2. アプリケーション連携強化

RESTful APIを追加
RESTful APIを追加
スクリプトの柔軟性強化
スクリプトの柔軟性強化
スクリプトの実行アカウント設定(Windowsのみ)
スクリプトの実行アカウント設定

3. ユーザビリティ改善

設定検証機能(クラスタ構成情報チェック、クラスタ動作の無効化)
設定検証機能
Cluster WebUIのアクセス制御にOS認証方式を追加
Cluster WebUIのアクセス制御にOS認証方式を追加
グループ起動/停止予測時間 表示
グループ起動/停止予測時間 表示
HTML版 マニュアル追加
HTML版 マニュアル追加

CLUSTERPRO X 4.1

1. クラウドとの連携を強化

お客様のご要望にお応えし、OSの選択肢を増やしました
Amazon Linuz 2 に対応

2. ユーザビリティ改善

Java実行環境を使わない運用画面となり、導入が簡単になりました。
Java実行環境は不要になりました

※従来のJavaベースのWebManagerも利用可能

3. 対応OS、対応アプリケーションの拡大

Windows / Linux の最新OSに対応
  Windows Linux
新規対応OS Windows Server 2019 Red Hat Enterprise Linux 7.6
Red Hat Enterprise Linux 7.5
Novell SUSE LINUX Enterprise Server 12.2
Oracle Linux 7.5
Amazon Linux 2
最新のアプリケーションに対応
新規対応アプリケーション Oracle Database 18c
PostgreSQL 11
PowerGres on Linux 11
MySQL 8.0
MariaDB 10.3

CLUSTERPRO X 4.0

1. 期限付きライセンスの提供開始

イニシャルコストを抑えたいクラウドユーザー向けに最適
期限付きライセンスの図
期限付きライセンスの構成例の図

2. AWS DNSリソースを追加

Virtual Private Cloud(VPC)越しの通信が必要となるシステムのHAクラスター化を実現する「AWS DNSリソース」を追加
AWS DNSリソースの図

3. Cluster WebUIを追加

エラー発生状況や現在のクラスターの状態など視認性良く確認が可能
Cluster WebUIの図

4. 対応OS拡大

Windows / Linuxの最新のOSに対応
  Windows Linux
対応機種 X86_64サーバー

x86_64サーバー、 POWERサーバー

対応OS Windows Server, version 1709
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012
Red Hat Enterprise Linux 7.3~7.4
Red Hat Enterprise Linux 6.8~6.9
CentOS 7.3~7.4
CentOS 6.8~6.9
Asianux Server 7 (SP無し~SP1)
Asianux Server 4 (SP6~SP7)
Novell SUSE LINUX Enterprise Server 12 (SP1)
Novell SUSE LINUX Enterprise Server 11 (SP3~SP4)
Ubuntu 16.04 LTS
Ubuntu 14.04 LTS
Oracle Linux 7.3 / 6.6
Oracle Enterprise Linux 5.5 (x86_64のみ)