ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CLUSTERPRO
  4. CLUSTERPRO X
  5. 製品体系/価格
  6. CLUSTERPRO X 3.3
ここから本文です。

CLUSTERPRO X 3.3 製品体系

製品体系

  製品名 概要
本体製品 CLUSTERPRO X 3.3 フェールオーバー型クラスタソフト本体。
共有ディスク型クラスターに標準対応。

  • クラスターサーバーの物理CPU数の総和を満たす必要があります(コア数でなくソケット数)。複数のクラスターへ分割した利用は不可。ミラーリング機能を使う場合は別途「CLUSTERPRO X Replicator」が必須。
オプション製品 CLUSTERPRO X Replicator 3.3 ミラーリング機能を使用する場合の必須オプション。高速再同期機能(FastSync®技術)を包含。複数の現用系から成るマルチノード構成に対応。遠隔クラスターに対応。ReplicatorからReplicator DRへのアップグレードライセンスも提供。
CLUSTERPRO X Replicator DR 3.3 共有ディスク間のミラーリング機能を使用する場合の必須オプション。遠隔クラスターに対応。Replicator 3.3上位互換品。
CLUSTERPRO X Database Agent 3.3 主要アプリケーションに定期的にアクセスし、異常応答やハングアップを検出する機能。

Agent製品の詳細は以下をご覧ください。

  • *1:Linux版/Solaris版のみ
  • *2:Windows版のみ
  • *3:Windows版/Linux版のみ
CLUSTERPRO X Internet Server Agent 3.3 *3
CLUSTERPRO X Application Server Agent 3.3 *3
CLUSTERPRO X File Server Agent 3.3 *1
CLUSTERPRO X Java Resource Agent 3.3 *3
CLUSTERPRO X System Resource Agent 3.3 *3
CLUSTERPRO X Alert Service 3.3 サーバーダウン、フェールオーバーなど重要なイベントを電子メールで通報するオプション。
サーバー起動時とサーバーダウン時に、警告灯で通報しサーバーの状態を表示。
製品CD CLUSTERPRO X CD 3.3 Windows/Linux共通。日本語版/英語版共通。
CLUSTERPRO X CD 3.3 for Solaris Solaris版専用。
CLUSTERPRO X Startup Kit 3.3 ドキュメント(編集可能の電子データ含む)、サンプルスクリプトなど。
Windows版/Linux版のみ。

ライセンス体系

CPUカウント方式

対象製品 説明
CLUSTERPRO X 3.3

本体ライセンス。
ライセンス数量は各サーバーの実装CPU数の総和に等しいか、それ以上が必要。


  • 待機系側もカウント対象に含む。CPUの空きスロット数をカウントしない。
  • コア(デュアルコア等)/ハイパースレッドについては2重カウントしない。
  • ftサーバおよび仮想マシン(VMware等)の場合、OSが認識するCPU数でカウントするが、コアやスレッドではカウントしない。

仮想マシン台数カウント方式

対象製品 説明
CLUSTERPRO X 3.3

本体ライセンス。仮想マシン台数分が必要。
本ライセンスは仮想マシンでのみ使用できます。 


  • 製品名の末尾に VM のつく製品が、本ライセンス方式となります。
    (例: CLUSTERPRO X 3.3 for Windows VM)

サーバー台数カウント方式

対象製品 説明
CLUSTERPRO X Replicator 3.3 *1 オプション製品。物理・仮想サーバー台数分が必要。

  • 待機系側のライセンスも必要。
  • *1ミラーディスク型を構成する場合、製品「Replicator」の購入が必須。
  • *2共有ディスク間ミラーを構成する場合、製品「Replicator DR」の購入が必須。
CLUSTERPRO X Replicator DR 3.3 *2
CLUSTERPRO X Database Agent 3.3
CLUSTERPRO X Internet Server Agent 3.3
CLUSTERPRO X Application Server Agent 3.3
CLUSTERPRO X File Server Agent 3.3
CLUSTERPRO X Anti-Virus Agent 3.3
CLUSTERPRO X Java Resource Agent 3.3
CLUSTERPRO X System Resource Agent 3.3
CLUSTERPRO X Alert Service 3.3

クラスターカウント方式

対象製品 説明
CLUSTERPRO X CD 3.3 媒体。1クラスター毎に1個が必要。
CLUSTERPRO X CD 3.3 for Solaris
CLUSTERPRO X Startup Kit 3.3

ライセンスの注意事項

  • カウント数の大きいCPUライセンスを購入し、複数のクラスターへ分割させて使用することはできません。
  • CPUライセンスが不足している場合、クラスター起動時に警告が表示されます。
  • 運用開始後にCPUを増設する場合、追加するCPU数分の本製品のライセンスをマネージャより追加登録してください。
  • 上位アプリケーションのライセンス定義は、各アプリケーション側の定義に従います。
  • CLUSTERPROでは、CPUライセンスにおいて、コア(デュアルコア)やハイパースレッドでは重複カウントしません。

仮想マシン用ライセンス体系

仮想マシン用ライセンス体系の特長

従来のライセンス体系は、仮想マシンのCPU数(仮想CPU数)に対して適用しておりましたが、 仮想マシン用のライセンス体系では、仮想CPU数に関わらず、仮想マシンの台数に応じて適用いたします。

これにより、負荷状況に応じて仮想CPU数を変動させた場合も、必要なライセンス料は定額となり、より柔軟な運用が可能となります。

  従来のライセンス体系 仮想マシン用ライセンス体系
物理環境 サーバーの CPU 数分のライセンスが必要 仮想マシン用ライセンス体系は、物理サーバーには適用できません
仮想環境 仮想マシン上の OSが認識するCPU数分 のライセンスが必要 仮想マシンの台数分 のライセンスが必要

対象製品

対象製品 説明
CLUSTERPRO X 3.3
for Windows VM
for Linux VM
for Solaris VM
Windows版、Linux版、Solaris版の本体製品 が対象です。

※製品名の末尾に VM の付く製品が、仮想マシン用ライセンス体系の製品です。
(例: CLUSTERPRO X 3.3 for Windows VM)

※オプション製品、インストールCD媒体、Startup Kitについては、従来製品をご利用ください。

受注停止情報

  • CLUSTERPRO X 3.3
    販売を停止しました。
     受注停止日:2019年04月26日
     保守停止日:未定

  • CLUSTERPRO X 3.2
    販売を停止しました。
     受注停止日:2018年10月31日
     保守停止日:未定

  • CLUSTERPRO X 3.1
    販売を停止しました。
     受注停止日:2018年10月31日
     保守停止日:未定

  • CLUSTERPRO X 3.0
    販売を停止しました。
     受注停止日:2018年10月31日
     保守停止日:未定

  • CLUSTERPRO X 2.1
    販売を停止しました。
     受注停止日:2018年10月31日
     保守停止日:未定

  • CLUSTERPRO X 2.0
    販売を停止しました。
     受注停止日:2018年10月31日
     保守停止日:未定

  • CLUSTERPRO X 1.0
    販売を停止しました。
     受注停止日:2016年11月28日
     保守停止日:2026年12月27日

CLUSTERPRO

ページの先頭へ戻る