サイト内の現在位置を表示しています。

CLUSTERPRO X 5.1 状態遷移テストツールのご紹介 ~CLUSTERPRO X Startup Kit フェールオーバーテストの自動化~

CLUSTERPRO オフィシャルブログ ~クラブロ~

     

はじめに

CLUSTERPRO Xの最新バージョンであるCLUSTERPRO X 5.1を2023年4月10日にリリースしました。
CLUSTERPRO X 5.1ではクラウド利用における機能拡充や構築・運用の容易化、セキュリティ強化、新OS・プラットフォームへの対応など多くの機能強化を行っておりますので是非popup機能強化ポイントを参照ください。

CLUSTERPRO X 5.1で追加された構築・運用の容易化の機能として、状態遷移テストツールがあります。状態遷移テストツールを利用することで、これまで手動で実施していたクラスターの状態遷移テストを自動化することができます。本記事では、この状態遷移テストツールについてご紹介します。

この記事の内容

1. 状態遷移テストツールとは

状態遷移テストツールは、構築したクラスターのフェールオーバーテストを自動で行うことを目的としたツールです。フェールオーバーテストを自動化することでクラスターの状態遷移(サーバーの起動時や再起動後の動作など)が意図した通りに行われているかの確認が容易になり、手動で実行していたテスト時間を短縮することができます。

状態遷移テストツールを利用する場合、「CLUSTERPRO X Startup Kit」を用意する必要があります。「CLUSTERPRO X Startup Kit」はチェックリスト、スクリプトテンプレート、ドキュメントなど、クラスターの構築に役立つツールを提供するCLUSTERPRO Xの有償製品です。「CLUSTERPRO X Startup Kit」に関してはpopup製品紹介ページを参照ください。

2. テストシナリオ

状態遷移テストツールで実施可能なテストシナリオは以下のとおりです。テスト対象とするクラスターの構成(サーバー数、フェールオーバーグループ数、データ 引継方式)に応じて、テストシナリオを選択します。

テストシナリオ番号 サーバー数 フェイルオーバーグループ数 データ引継方式

共有ディスク型またはディスクレス型

ミラーディスク型

共有ディスク型またはディスクレス型

ミラーディスク型

3. 状態遷移テストツールの実行例

状態遷移テストツールでは、テストに成功した場合にのみ次のテストを実行し、テストに失敗した場合はそこでテストを終了します。状態遷移テストツールの設定、利用方法に関する詳細は、「CLUSTERPRO X Startup Kit」に同梱されている「CLUSTERPRO X 状態遷移テストツール ユーザーズガイド」を参照ください。

以下は、テストシナリオ番号2(サーバー数:2、フェールオーバーグループ数:1、データ引継方法:ミラーディスク型)の実行例です。実行結果は、コンソール上での表示のほかにログも出力しますので、状態遷移テストツールの実行に失敗した場合はログを確認し、状態遷移テストツールの設定やクラスターの状態、設定を見直します。

まとめ

今回は、CLUSTERPRO X 5.1の新機能である状態遷移テストツールについてご紹介しました。状態遷移テストツールを利用することで、フェールオーバーテストの自動化ができますので、クラスター構築後のテストにぜひご活用ください。

今回、ご紹介した状態遷移テストツールのほかにもクラスターの構築に役立つツールを提供する「CLUSTERPRO X Startup Kit」の入手、購入を検討の場合は、以下のお問い合わせ窓口までお問い合わせください。

お問い合わせ

本記事に関するお問い合わせは、popupお問い合わせ窓口 までお問い合わせください。