ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ソリューション・サービス > 事例紹介 > 株式会社ホテル小田急様

資料請求・お問い合わせ

クラウドサービス(SaaS)を探す
ページ共通メニューここまで。

写真1

株式会社ホテル小田急
(ハイアット リージェンシー 東京)
総務部
情報システム支配人
井上 義孝 氏

NECの実績を活かした提案のおかげで、 クラウドサービスのメリットを活かしながら、 当社に合ったシステムを構築できたと思います。

写真2

株式会社ホテル小田急
(ハイアット リージェンシー 東京)
総務部
人事マネジャー
砂子 弘樹 氏

今回の導入にあたり、NECはわれわれの企業規模にマッチした提案とサービスを提供してくれたので大変満足しています。


導入の背景

業務の最適化のためのカスタマイズが、アップデートの工数とコストを増大させていた

  ハイアットリージェンシー東京を運営する株式会社ホテル小田急様(以下、ホテル小田急様)。同社がクライアントサーバシステムで運用していた人事・給与システムをクラウドサービスのEXPLANNER for SaaS(エクスプランナー for サース)で刷新した理由について、総務部 情報システム支配人 井上 義孝氏は次のように語ります。

  「当社の人事・給与システムは汎用機の利用から始まり、オフコン、クライアントサーバシステムへと進化してきましたが、かつてのシステムは業務への最適化を優先する為に、かなりのカスタマイズを行っていました。そのため、毎年のように行われる法改正に対処するのにも、その都度、アプリケーションのアップデート費用が発生する状況でした。そこでハードウェアの老朽化とソフトウェアのサポート期限切れを契機に、アップデートの工数とコストがかからないシステムへと刷新を図ることになりました。」

導入の経緯

グループ全体のシステムを低コスト・低負荷で運用するために、NECのクラウドサービスを選択

  システムの刷新を決断した背景には、コストの問題とともに、システム管理にかかる日々の負担を減らす目的もあったとのこと。総務部 人事マネジャー 砂子 弘樹氏は次のように振り返ります。

  「当社は、小田急ホテルグループ4法人のシステムを受託管理しています。もともとはホテルグループ統括会社がシステム運用管理を担当していたのですが、グループ内の組織再編により当ホテルが業務を担当することになりました。しかしシステム運用のための増員は難しく、各社ごとに人事制度、給与体系が異なるため、運用にかかる負担が増大していました。毎月時間のかかる給与計算の改善、人事・給与関係マスタとの連動性の高いもの、業務改善につながる機能、また、「グループ各社の端末からもシステムが利用したい」との要望も解決出来る将来性を持ったシステムの検証を行なった結果、選択肢として浮上したのが、クラウドサービス活用への移行です。」

  またベンダとしてNECを選択した理由を井上氏は次のように語ります。

  「NECを選択した理由は、他社と比較して機能が豊富で運用コストの削減が図れる事、またNECが提供しているホテル基幹システムAG NEHOPSをASPサービスとして以前から利用しており、信頼できるインフラを提供してもらえるという安心感があったからです。」

システム概要

35年の実績を持つ、ERPパッケージをクラウドサービスで提供

  今回導入されたクラウドサービスは、NECが35年にわたり提供してきたERPパッケージEXPLANNERをNECのクラウド基盤上に構築し、SaaS型で提供するEXPLANNER for SaaSの人事・給与サービスです。ホテル小田急様は、このクラウドサービスのファーストユーザーとして、システムを従来のクライアントサーバシステムから移行しました。システムを所有しないクラウドサービスの活用により、ハードウェアの老朽化による買い替えは不要。法改正に伴うアプリケーションのアップデートもホテル小田急様の作業は必要なくNECのクラウド基盤上で行われます。これによりコストを削減し、管理負担も軽減できます。さらに、SaaS型で提供されるアプリケーションを利用することにより、業務をグループ全体で標準化し、業務品質の向上も実現しています。

  また人事・給与システムの移行にともない、老朽化していた勤怠管理システムも刷新し、お互いのシステムを連携させ人事管理のさらなる効率化を図りました。

  「EXPLANNER for SaaSの導入時期に当社の給与体系の見直しが重なったこともあり、検討事項が増えて大変だったと思いますが、4社の人事・給与システムを短期間で導入し、要望通りのシステムを実現して頂きました。従来、勤怠管理には磁気カード式のものを活用していたのですが、人事・給与システムの見直しを機にICカード、LAN対応の勤怠管理システムへと刷新しています。」(砂子氏・井上氏)

図:導入システムイメージ導入システムイメージ

導入の成果と今後の展望

NECからの提案で個別対応を最小限に。今後さらなる業務の効率化を

  SaaS型のメリットを最大限活かすためには、アプリケーションやテンプレートをカスタマイズせずに利用し、業務への適用を図る事がとても重要です。そこにERPパッケージEXPLANNERで培ってきたNECのノウハウが活きています。

  「アプリケーションを標準のまま利用して、できるだけコストを削減したいと思っていても、検討を重ねる間に、カスタマイズしたくなる部分も出てきます。長年にわたり受け継がれてきた業務フローや商習慣にあわせようとするからです。この課題に対して、NECは当社の要望を満たす代替案を用意してくれました。NECが他社のシステムを手がける中で得た豊富な経験とノウハウを1つのものさしとして提供してくれたので、我々も納得のいく判断ができ、最適なシステムになったと思います。システムのメンテナンスを自分たちで行う必要がないので、運用コストと工数を削減し、本来の業務にリソースを集中できるようになりました。」(砂子氏)

  「NECを選んでよかったと思う理由の一つとして、多くのサービス群の中から我々の企業規模に合ったサービスを選び、提供してくれている点が挙げられます。また、今まで様々なシステムのアウトソーシングを手掛けて参りましたが、 人事・給与システムもこれに加わる事となり今後さらに運用コストの削減と業務の効率化を実現できればと思っています。」(井上氏)

  NECは、「EXPLANNER for SaaS」や「ホテル総合クラウドサービス」などの様々なクラウドサービスを強化し、ホテル小田急様の業務を引き続きITで支えてまいります。

株式会社ホテル小田急様が導入された製品・ソリューション


お客様プロフィール

株式会社ホテル小田急

本社住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿2丁目7番2号 写真:社屋
設立 1978年(昭和53年)6月12日
開業 1980年(昭和55年)9月15日
資本金 4億円
主な事業 ホテルの経営、宴会場・集会場の経営、飲食業、その他付帯事業
URL http://www.hyattregencytokyo.com/


<<事例概要ページへ


1 | 2

(2011年3月2日)

※カタログをご希望の場合は対象製品名と必要部数をお知らせください。

※本事例に関するお問い合わせは下記お問い合わせボタンからお願いします。
お客様への直接のお問い合わせはご遠慮下さい。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る


Copyright NEC Corporation. All rights reserved.