マイクロソフト Qualified Multitenant Hoster (QMTH) プログラム

クラウド基盤サービス 「NEC Cloud IaaS」

NECは、マイクロソフト社からQualified Multitenant Hoster(QMTH)として認定されました。
お客様は、Microsoft Cloud AgreementのサブスクリプションあるいはEnterprise Agreement/MPSAによるWindows仮想マシンを、NECの専有もしくは共有サーバに導入することができます。
さらに、Shared Computer Activation(SCA)を利用し、Office 365 ProPlus(E3とE5を含む)、Project Online Professional、Visio Online Plan 2のサブスクリプションを、NECの共有サーバ上で利用することができます。

Windows 10の仮想化と、Office 365 ProPlus、Project Online Professional、Visio Online Plan 2のSCAの利点

Windows 10の仮想化とOffice 365 ProPlus、Project Online Professional、Visio Online Plan 2のSCAは、選択肢と柔軟性を提供します。
どちらも、クラウドにデプロイする際に、既存のWindows 10とOffice 365ライセンスの投資を活用することができます。お客様は、オンプレミスとNECの環境を選択し、展開することができます。

NECは認定QMTH事業者であり、お客様はOffice 365 ProPlus、Project Online Professional、Visio Online Plan 2および認定されたWindows 10製品を、NECのクラウド基盤上に展開することができます。

Microsoft Volume Licensing(VL)プログラムを通じて購入したWindowsライセンスには、QMTHの仮想化の権利が含まれますか?

2017年8月1日時点でMicrosoft Volume Licensingを通じて購入した次のWindowsライセンスには、現在のところQMTHの仮想化の権利が含まれています。

  • Windows 10 Enterprise E3 and E5 per User with SA
  • Windows 10 Enterprise E3 and E5 VDA per User

Microsoft Cloud Agreementにより購入したWindowsサブスクリプション契約には、仮想化権が含まれますか?

2017年9月6日現在、以下のWindowsサブスクリプションには、NECを含め認定QMTHパートナーが管理するデータセンター内の専用ハードウェアおよびマルチテナントハードウェアの仮想化権が含まれています。

  • Windows 10 Enterprise E3 and E5(with VDI)
  • Windows 10 Enterprise E3 VDA
  • Microsoft 365 Enterprise(formerly Secure Productive Enterprise or SPE)E3 and E5

SCAをサポートするOffice 365製品はどれですか?

Office 365のSCAモードを利用することで、Office 365を当社のクラウド基盤上にインストールしてご利用いただくことが可能になります。
SCAモードは、Office 365 ProPlus、Project Online Professional、Office 365用Visio Proで動作します。Office 365 ProPlus、Project Online Professional、またはOffice 365用Visio Proを含むOffice 365プランはすべてSCAを使用できます。