サイト内の現在位置

中堅・中小企業の総務・情報システム担当の方へ
国内シェアNo.1 ファイルサーバ統合管理ソフト「NIAS」ご紹介

「使用していないファイルが大量にあってファイルサーバがゴミ箱状態!」
「容量が増え、バックアップやディスク増設などの時間とコストが増加している!」
「個人情報を含むファイルの管理が徹底できておらず、情報漏えいが心配!」

しかも無防備なファイルサーバは、今、猛威を振るっているランサムウェアの攻撃対象にもなっています。

そんな高リスクなファイルストレージ環境からの脱却は、『NIAS(NEC Information Assessment System)』にお任せ!ファイルサーバの安全で効率的な運用管理を実現します。

社内共有ファイルの見える化で安全・効率的な運用を実現!

急速なテレワークの浸透に伴う書類の電子化によって、ファイルサーバの容量が圧迫されていませんか?
必要のないファイルを放置していると、サーバを圧迫するだけでなく、管理工数が増大化したり、個人情報漏洩の危険性が高まったり、さらには、今猛威を振るっているランサムウェアの攻撃を受けたりなど、様々な問題が発生します。
ファイルサーバ統合管理ソフトウェア NIASでは、圧倒的に高速な検索で、ファイルサーバの肥大化やセキュリティに対する問題点を総合的に改善し、トータルコスト削減・情報漏洩リスク低減を実現します。

  • 【国内シェアNo.1を7年間※獲得】独自の高速分析技術で安心と信頼の実績!
    ファイルサーバ統合管理ソフトウェア NIASは、独自のメモリDBによる高速分析技術で、瞬時に分析が可能!
    ファイルサーバの可視化市場において、国内シェアNo.1を7年間※獲得。
    業種・国内外問わず800社以上の導入実績があり、国内開発・国内保守で高品質を保証しているので、安心してご利用いただけます。

    • 出典:ITR「ITR Market View:コラボレーション市場2022」
      ファイルサーバ可視化市場:
      ベンダー別売上金額シェア(2014~2018年度、2020~2021年度)  

  • ファイルサーバを安全かつ効率的に統合運用管理
    NIASでは、ファイルサーバの肥大化を総合的に改善するだけでなく、セキュリティに対する問題点を総合的に改善し、トータルコスト削減・情報漏洩リスク低減を実現します。オプションの個人情報検出機能では、NEC独自の指標で、悪用されるリスクの高い個人情報を優先的に検出。
    情報漏洩対策を実施したいファイルを探し、ピンポイントに暗号化したり、隔離したファイルを自動で暗号化することも可能です!

  • 【肥大化対策】
    サーバの見える化と不要ファイルの整理でコスト削減

    直感的なユーザインタフェースのダッシュボードで現状を簡単に確認でき、不要なファイルを簡単に整理整頓できます。
    独自のメモリDB技術を利用しているため、20億ファイル(1PB相当)の大規模ファイルサーバでも、即時で検索や条件を変えての分析が可能です。
    設定した運用ルール・スケジュールに従って、重複ファイルや長期間更新されていないファイル等を洗い出し、自動で整理できます。
    ファイルの移動や削除の条件はユーザ様ご自身で柔軟に設定することが可能です。

  • 【セキュリティ対策】
    猛威を振るう「ランサムウェア」はサーバも攻撃対象です。

    「ランサムウェア」とは、感染したユーザのデータを「暗号化」=「人質」とし、その身代金を要求するマルウェア。 感染すると暗号化されたデータの復元は困難で、バックアップからのデータ復旧が必要となり、業務への影響は計り知れません。特にここ最近では世界的にランサムウェア被害は拡大しており、日本国内においても同様の傾向で被害が多発しています。
    NIASなら、個人情報などを含む重要データ見つけて把握。見つけた重要データに対して必要最小限なアクセス権を設定でき、万が一、ランサムウェアにかかった場合も、対象ファイルを迅速に把握してバックアップからデータを戻すことが出来ます。

  • 個人情報保護法への対応
    最大1億円の罰金も?!個人情報保護法改正に伴う情報漏洩時の厳罰化!

    2022年4月1日 改正個人情報保護法が施行。個人情報の取り扱いがより厳格化され、違反した場合は「厳罰」が科されることとなりました。
    本人による個人情報取扱事業者への保有個人データの削除・利用停止要求の適用範囲も拡大することとなり、個人情報がどこにどれだけあるのかをしっかり把握する必要性が高まっています。

  • 企業全体へ大きなダメージを与える情報漏洩!
    個人情報保護法改正によって、個人情報漏洩が発生した場合、これまで以上に大きなインパクトが発生するようになりました。情報漏洩が発生すると、法律による罰則だけでなく、損害賠償の支払いが発生したり、企業の社会的信頼が失墜し、企業全体に大きなダメージを与えます。
    これらは、ITシステムを活用することで安全に対応することが可能です。

  • NIASなら、個人情報検出(オプション)で情報漏洩リスクを低減!
    NEC独自の指標で、悪用されるリスクの高い個人情報を優先的に検出します。
    個人情報の件数だけでなく、検出された情報を参照可能なユーザ数も確認できます。
    また、情報漏洩対策を実施したいファイルを探し、ピンポイントに暗号化したり、隔離したファイルを自動で暗号化することもできます。

「NIAS」を導入してよかった!
情シス・テレワーク推進者からの声をご紹介!

NEC Information Assessment System(NIAS)

  • DXによるペーパレス化推進の一方で、ファイルサーバの容量不足が問題となっていましたが、NIAS導入後、紙書類70%削減の目標を達成することができました。

  • ファイルサーバのセキュリティ対策が課題でしたが、NIASなら、個人情報などを含む重要データ見つけて把握できるし、見つけた重要データにきめ細かにアクセス権が設定でき、ランサムウェアにかかった場合も、対象ファイルを迅速に把握してバックアップからデータを戻すことが出来るので、安心です。

  • お客様の個人情報に関するデータの運用管理ルールが統一されておらず、ファイルサーバの中に個人情報が点在していましたが、NIASの個人情報検出(オプション)機能を用いて、個人情報が含まれるファイルを優先的に対処することで、悪用や漏えいのリスクを最小化することができました。

  • 業績拡大に伴い社員が急増したため、頻繁な組織改編に変更作業が追い付かず、アクセス権設定に不整合が発生していましたが、NIASを用いてアクセス権の設定状況を可視化することで、これまで全容を把握できなかったフォルダ・ファイルのアクセス権を棚卸し、問題箇所を特定することができました。

  • ファイルやフォルダの管理が無法地帯になっていて、既存ファイルサーバの容量不足が深刻化してましたが、問題ファイルを可視化したレポートにより、利用している各部門の意識も変わって不要ファイルの削除が徹底できるようになり、サーバリプレースまでの十分な容量を確保することができました。

安全で効率的な運用管理を実現!
ファイルサーバの統合管理ソフトウェア

他の製品と比較した際の優位点はどこですか?

ファイルサーバへの高速な検索、きめ細やかなアクセス権の管理、個人情報の管理機能は、他製品よりもアドバンテージがあります。詳細についてはセミナーをご視聴いただくか、お問い合わせください。

どのような導入効果がありますか?

大まかに、「ファイルの整理/活用の促進」「ファイル整理意識の向上」「アクセス権設定の工数削減」「業務効率化の推進」「データ容量の増加を15~20%/年抑制(※)」 などが挙げられます。また、今急増している「ランサムウェア」対策にも有効です。
  • NEC試算。容量削減効果はファイルサーバの利用状況により変動。

必要なファイルが自動で削除されてしまいそうで心配です。

ファイル削除やアーカイブへの移動の条件は、お客様自身で柔軟にご設定いただけますので、削除前に確認できるよう指定することも可能です。

NIASサーバ1台で複数のファイルサーバを管理可能ですか?

NIASは管理対象をフォルダ単位(\\サーバ名\共有フォルダ名\~)で指定しますので、ファイルサーバの台数に関係なく管理可能です。

使って体感!導入のお客様から
感謝の声をいただいております。

  • ひっ迫していたファイルサーバの不要データを整理することで、容量不足問題を解決できました。
  • ファイルの“見える化”の仕組みがわかりやすいグラフで表示され、検索の条件設定も優れたユーザインタフェースで、大変使いやすかったです。
  • 使い勝手がよく、ユーザに寄り添う設計になっていると感じました。
  • 不適切なアクセス権設定を一括で検出・修正することができ、アクセス権の棚卸・修正に伴う煩雑な作業を省力化することができました。
  • 働き方改革でテレワークを推進しており、電子ファイルの利用が急増し困っていましたが、NIASを導入することで簡単に整理することができました。

2023年2月14日セミナー開催

肥大化したファイルサーバは、NIAS(NEC Information Assessment System)で最適化!
「ファイルサーバの容量を適正にしたい!」「ファイルサーバからの情報漏洩を防ぎたい!」
「個人情報を含むファイルを適正に管理したい」そんなお悩みは、NIASの超高速ファイル検索による安全で効率的な運用管理で解決します。
その特徴や導入メリットがわかるWebセミナーを、2月14日に開催します。

開催概要

定期的にファイルサーバ内の不要なファイルを削除していますか?
何千・何万もあるファイルのアクセス権を全てきちんと管理できていますか?
テレワークなど働き方の多様化に伴い、ファイルサーバのデータも増加し、管理者の負荷は増すばかりです。

しかも、無防備でゴミ箱状態のファイルサーバは、今、猛威を振るっているランサムウェアの攻撃対象となり、ひとたび巻き込まれてしまうと、企業経営に甚大なダメージを受け、多大な損失につながるリスクがあります。

そんな高リスクなファイルストレージ環境から脱却は、社内共有ファイルを見える化するNIAS(NEC Information Assessment System)にお任せください!

超高速ファイル検索で放置されているデータを探索・整理し、肥大化対策・セキュリティ対策・業務効率化の三本柱でファイルサーバの安全で効率的な運用管理を実現、さらには個人情報がどれだけあるかも適正に把握し、管理できます。
国内シェアNo.1を誇るNIASがなぜ選ばれるのか!その特長と導入効果を事例やデモを交えてご紹介します。

【中堅・中小企業の総務・情シス担当にお勧め! 】
ストレージ管理だけじゃない!ランサムウェア対策もできる
国内シェアNo.1!のファイルサーバ統合管理ソフトウェアセミナー


日時:2023年2月14日(火)13:00~13:50
  ※ 製品担当によるNIASデモとQ&Aセッションもご用意しています。
会場:オンライン(Webセミナー)
  ※開催前までに接続方法をメールでご連絡します。
主催:NECパートナーソリューション統括部 セミナー事務局
参加費:無料
対象:中堅・中小企業の総務・情報システム担当の方 
お申込み締め切り:2023年2月13日(月)