ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. Veritas Access
  5. ソリューション
  6. クラウドへの移行
ここから本文です。

クラウドストレージへのデータ移行を実現

データは昏々と増え続けていますが、蓄積される長期保管データは、主に「更新されないデータ」であると言われています。

【増え続けるデータ】

企業が保有する非構造化データは、
2020年に99%を占めると予測されています。

【41%は3年以上未更新】

企業データの41%は、3年以上未更新だと考えられています。

蓄積データの長期保管が必要となるケースとは

長期にわたるデータ保管が必要なケースでは、クラウドを活用して低コストにデータを長期保管する「クラウドへのデータ移行」が有効です。

電子メールデータ ログデータ
ディスクに保存されたメール
  • メールを保管していることを周知し不正を抑止する
  • 内部監査や訴訟における証拠として必要なときに関連メールを開示する
不正なデータを参照するイメージ
  • システムに対する不正を調査・分析するために過去にさかのぼってログを参照する
動画データ 画像データ
貴重な映像や、監視カメラの動画データ
  • 犯罪が発生した際に、過去の監視カメラの映像を調査する
  • 価値ある記録映像を長期保管する
画像を人が閲覧するイメージ
  • 医療機関が患者の変化を見つけるために過去の医用画像と比較する

クラウドストレージへのデータ長期保管を実現

データ長期保管で直面する問題をVeritas Accessが解決します。

データ長期保管の問題   Veritas Accessで実現
  • 使用頻度の低いデータを高性能ストレージに格納したままだと保管コストが高い

  • 利用頻度の低いデータを安価なクラウドストレージへ移動しITコストを低減
  • 業務アプリケーションが、容量単価の安いクラウドを利用する方法の検討が必要
  • 業務アプリケーションが、クラウドストレージへのアクセス手段を開発する時間/コストを要する


  • 主要クラウドストレージに対応
  • クラウドへのインターフェースを持たない業務アプリケーションへクラウドストレージへのアクセス手段を提供

Veritas Access がクラウドへのアクセス/データ移行手段を提供

業務サーバからクラウドストレージへデータをアーカイブするためのクラウドゲートウェイ機能を提供します

  • 最大 3PB のファイルシステムを提供、ファイルシステム数は500個まで
  • 1個のファイルシステムに複数のクラウドストレージを接続可能(最大8個)、クラウドストレージ間でのデータ移動も可能
  • クラウドに移動したデータのメタ情報はローカルで保持、ファイル検索時にクラウドへのアクセスが不要となり、検索速度が向上

複雑化へ対応、要件に合わせたパフォーマンス、投資を有効利用、データ移行が可能に

利用頻度/ポリシーに応じたデータ移動・配置

業務利用中の利用頻度の高いデータは、業務サーバのHDDやファイルサーバで、利用頻度は低いものの、参照および更新の可能性が高いデータは、Veritas Access のHDDで、更新されない、または、今後利用するかどうかは未定でも保持はしておきたいデータは、クラウドストレージで、データを保持しておく等、それぞれの利用頻度/ポリシーにあわせ、データを移動・配置することが望ましいと言えます。

クラウドストレージへの自動的なデータ移動を実現

NFS/CIFS/FTP/S3互換で業務サーバからアクセス可能
  • クラウドストレージへのインターフェースを持たない業務アプリケーションから、改修なしでデータをクラウドへ移動

クラウドへ移動する対象データは、ディレクトリ/ファイル名(部分一致も可能)、アクセス日/更新日を条件に抽出し、スケジュール設定で定期的に移動可能

クラウドストレージへに保管したデータ読み込み

オンプレミスとクラウドのどちらにデータがあっても業務サーバからの見え方、アクセス方法に違いはなく、利用者は意識することなくデータ読み出し可能

クラウドのデータを読み込む場合は、Veritas Accessをマウントしたフォルダのデータにアクセスするだけ

自動的なクラウドストレージ間のデータ移行

業務サーバからの見え方、アクセス方法に違いはないまま、クラウドストレージにあるデータを自動的に別のクラウドへ移行

移行前後でファイル/フォルダのパス変更なし
業務アプリケーションは設定変更なく、移行後のクラウドストレージを利用


クラウドのデータを読み込む場合は、Veritas Accessをマウントしたフォルダのデータにアクセスするだけ

クラウドストレージで長期保管しているデータ削除と更新

オンプレとクラウドのどちらにデータがあっても、データの削除方法は同じです。
長期保管するデータの改ざんを回避するため、クラウドに保持しているデータへの直接更新/上書きは未サポートです。

クラウドのデータを更新する場合は、以下のいずれかの操作運用とします。

まずファイルを読み込み(上書き更新は不可)、別名で更新ファイルを保存する

  • 更新後のファイルをAccessに別名で保存する

まずAccessからファイルをコピーし、業務サーバで更新してから、Access上の元ファイルを削除。その後同名でファイルを保存する

  • 同名で保存したい場合は以下の手順を実施する
  1. ファイルをAccessから業務サーバにコピー
  2. 業務サーバ上でファイルを更新・保存
  3. Access上のファイルを削除
  4. 業務サーバ上で更新した・保存ファイルをAccessにコピー

主要なクラウドストレージに対応

対応クラウド一覧(※)
AmazonS3、Google Cloud、Amazon Glacier、IBM Cloud Object Storage、Azure、その他S3互換ストレージ

  • Veritas Access からクラウドストレージへProxy経由で接続することはできません。

仮想基盤上でクラウドゲートウェイ機能を提供

Veritas Accessを、VMware、Amazon EC2などの仮想マシン上に構成することが可能です。
仮想マシン上にVeritas Accessを構成することで、物理サーバ導入にかかる初期費用を削減します。

  • すでに仮想基盤を導入済みの環境であれば、ハードウェアを新たに追加することなくクラウドゲートウェイ機能を実現
  • サイト間レプリケーションにおいて、メインサイト側は物理サーバで、DRサイト側は仮想マシンで構成。DRサイト側にかかる費用を削減
仮想基盤上でもクラウドゲートウェイ機能をご提供致します

Veritas Access サーバとして仮想マシンを利用した構成例

  • * 必要となるシステム構成やライセンス/価格の詳細については、弊社までお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ


ページの先頭へ戻る