サイト内の現在位置を表示しています。

NetWorker - 動作環境

  • NetWorker は 2021年8月以降リセールでの販売に移行しました。
    以下の状況は古くなっている可能性があります。

NetWorker 19.4 - 動作環境

  • Windows系OS上のJIS2004文字コードに対応しています。
  • オプション製品によってサポート範囲が異なる場合があります。
  • CLUSTERPROは、クラスタとして連携する設定をNetWorkerで行うことはできませんが、通常の単体のサーバとしてバックアップすることは可能です。
  • NetWorker Management Consoleは、NetWorkerをjavaベースのGUIで制御、管理する場合に必要です。コマンドラインのみで使用する場合は必須ではありません。

NetWorker 19.4 サーバ

Platform OS Version/Service Pack
Linux x64 Red Hat Enterprise Linux 6.3~6.10, 7.0~7.9, 8.0~8.3
Oracle Linux 7, 8
Windows x64 Windows Server 2019  
Windows Server 2016  
Windows Storage Server 2016  
Windows Server 2012 R2  
Windows Server 2012(all editions)  
Windows Storage Server 2012 R2  
Windows Storage Server 2012  

NetWorker 19.4 ストレージノード

Platform OS Version/Service Pack
HP PA-RISC(64-bit) HP-UX(*1) 11i v3
HP IA-64(64-bit) HP-UX(*1) 11i v3
Oracle SPARC(64 bit) Oracle Solaris 10, 11~11.4
Linux x64 Red Hat Enterprise Linux 6.0~6.10, 7.0~7.9, 8.0~8.3
Oracle Linux 8
Windows x64 Windows Server 2019  
Windows Server 2016  
Windows Server 2012 R2  
Windows Server 2012(all editions)  
  • *1
    vPar、nParおよびiCAPについては対応済みです。

NetWorker 19.4 クライアント

Platform OS Version/Service Pack
HP PA-RISC(64-bit) HP-UX(*1) 11i v3
HP IA-64(64-bit) HP-UX(*1) 11i v3
Oracle SPARC(64 bit) Oracle Solaris 10, 11, 11.2~11.4
Linux x86 Red Hat Enterprise Linux 6.0~6.10
Linux x64 Red Hat Enterprise Linux 6.0~6.10, 7.0~7.9, 8.0~8.3(*4)
Oracle Linux 8
Windows x86 (*3) Windows 8.1  
Windows 7 SP1
Windows x64 (*3) Windows Server 2019  
Windows Server 2016  
Windows Server 2012 R2  
Windows Server 2012(all editions)  
Windows 10  
Windows 8.1  
Windows 7 SP1
Windows Storage Server 2012 R2(*2)  
Windows Storage Server 2012 (*2)  
  • *1
    vPar、nParおよびiCAPについては対応済みです。
  • *2
    SISを使用しない場合のみ対応しています。
  • *3
    ベアメタルリカバリ(BMR) はWindows Server 2012/2012 R2/2016/2019、Windows 7/10 、Windows Storage Server 2012 R2 に対応しています。
  • *4
    Block Based BackupはRed Hat RHEL8.1までに対応しています。(Red Hat Enterprise Linux 7.9はサポート外)

NetWorker 19.4 NetWorker Management Console サーバ

Platform OS Version/Service Pack
Linux x64 Red Hat Enterprise Linux 6.0~6.10, 7.0~7.9, 8.0~8.3
Windows x64 Windows Server 2019  
Windows Server 2016  
Windows Storage Server 2016  
Windows Server 2012 R2  
Windows Server 2012  

NetWorker 19.4 NetWorker Management Console クライアント

Browser Version JRE Version
Mozilla Firefox
Google Chrome
Microsoft Internet Explorer
Microsoft Edge
8(x64)
9(x64)

NetWorkerのコードワード発行時に払い出されるライセンスファイルによる、ライセンス認証を行うため、NetWorkerとは別にライセンスサーバが1台必要です。(NetWorkerサーバと同一サーバにインストールすることは可能です)

NetWorker 19.4 ライセンス サーバ

Platform OS Version/Service Pack
Linux x64 Red Hat Enterprise Linux 6.0~6.9, 7.0~7.4, 7.7~7.8, 8.0~8.2
Windows x64 Windows Server 2019  
Windows Server 2016  
Windows Server 2012 R2  
Windows Server 2012  

NetWorker オプション一覧

NetWorker Server Version 19.4 Workgroup Edition Network Edition Power Edition
サーバ仕様
Client 接続数 8 10 12
パラレリズム値 32 32 64
Device 数 4 16 32
ライブラリ共有 (専用ドライブ) × 標準装備 標準装備
Cluster サポート × クライアントのみ サーバ、クライアント
ストレージノードオプション
Network Edition Storage Node × ×
Power Edition Storage Node × ×
Network Edition Dedicated Storage Node × ×
Power Edition Dedicated Storage Node × ×
パラレリズム値 - 各ノード毎に 32 各ノード毎に 64
Device 数 - 各ノード毎に 16(最大512) 各ノード毎に 32(最大512)
ライブラリ共有(専用ドライブ) × 標準装備 標準装備
その他のオプション
Client (接続数の追加) ×
Virtual Edition Client ×
Autochanger Software Module 1-32 slots まで
Dynamic Drive Sharing Option ×
Archive Module ×
NDMP Client Connection ×
NetWorker Module for Databases and Applications
NetWorker Module for Microsoft Applications
Enterprise Storage Module ×
DiskBackup Option
SNMP Module ×
Virtual Tape Library(*4) ×
Autochanger Bundle for VTL ×
Licensing Bundle for Data Domain ×
Data Domain Dev Type ×
VMware protection ×

Workgroup EditionをNetwork Editionへアップグレードして機能拡張が可能。同様に、Network EditionをPower Editionへアップグレード可能。バックアップポリシー、構成、テープ使用方法、またはリカバリなどの各機能はアップグレード後も維持されます。