サイト内の現在位置

Druva - 製品体系/価格

価格に関しましては個別にお見積り致しますので、弊社営業までお問合せください。

inSyncプラン

inSyncプラン エディション名 Enterprise Elite
データソースごとのデータ保護(バックアップ、リストア、アーカイブ)
エンドポイント
(デスクトップ/ラップトップ/モバイルデバイス)
 
クラウドアプリ
(Microsoft 365(O365)/Google Workspace)
クラウドアプリ
(Salesforce)
情報ガバナンス機能(全データソース向け)
メタデータによるファイル・メールの検索  
eDiscovery対応  
自動コンプライアンス監視 オプション オプション
ランサムウェア振舞検知/ランサムウェアリカバリ オプション オプション
導入と管理向けの拡張機能(全データソース向け)
複数リージョンからストレージエリアを選択
/Microsoft Active Directory(AD)連携
委任管理機能
保持ユーザーライセンス オプション オプション
エンドポイント向けの拡張機能
デバイス更改/OS移行/MDM連携
シングルサインオン(SSO)連携
情報漏えい対策(DLP)/統合一括導入
クラウドキャッシュ
社内サーバーへの一時的な保存による高速化
オプション オプション

inSyncライセンス情報

Enterpriseエディション

製品名 容量
InSync Cloud Enterprise- M365 50 GB/User

Microsoft365用ライセンスです。
バックアップ、リストアが可能です。

inSync G Suite Backup - Enterprise 50 GB/User
Google Workspace用ライセンスです。
バックアップ、リストアが可能です。
Salesforce Backup Enterprise 20 GB/User
Salesforce用ライセンスです。
バックアップ、リストアが可能です。

Eliteエディション

製品名 容量
InSync Cloud Elite- M365 50 GB/User
Microsoft365用ライセンスです。
バックアップ、リストア、ガバナンス強化が可能です。
inSync G Suite Backup - Elite 50 GB/User
Google Workspace用ライセンスです。
バックアップ、リストア、ガバナンス強化が可能です。
Salesforce Backup Elite 20 GB/User
Salesforce用ライセンスです。
バックアップ、リストア、ガバナンス強化が可能です。
Endpoint / M365 bundle: Elite 100 GB/User
Microsoft365と、クライアントPC、Android、iOSが対象です。
Endpoint + GWorkspace bundle: Elite 100 GB/User
Google Workspceと、クライアントPC、Android、iOSが対象です。

セキュリティオプション

製品名 容量
Core Ransomware Protection - Endpoints(※1) -
エンドポイント向けにセキュリティ状況監視を可能にするオプションライセンスです。
セキュリティイベントダッシュボード、異常データ振舞検知(UDA)、ロールバック、API連携(SIEM & SOARツール)が利用できます。
Advanced Ransomware Protection and Recovery - Endpoints(※1) -
エンドポイント用オプションライセンスです。
Core Ransomware Protectionライセンスの全機能に加え、感染ファイルの隔離、リストア時のファイルスキャン、キュレートスナップショットが利用できます。
Core Ransomware Protection - M365(※2) -
Microsoft365向けにセキュリティ状況監視を可能にするオプションライセンスです。
セキュリティイベントダッシュボード、異常データ振舞検知(UDA)、ロールバック、API連携(SIEM & SOARツール)が利用できます。
Advanced Ransomware Protection and Recovery - M365(※2) -
Microsoft365用オプションライセンスです。
Core Ransomware Protectionライセンスの全機能に加え、感染ファイルの隔離が可能です(2023年8月現在)
Core Ransomware Protection - Gworkspace(※3) -
Google Workspace向けにセキュリティ状況監視を可能にするオプションライセンスです。
セキュリティイベントダッシュボード、異常データ振舞検知(UDA)、ロールバック、API連携(SIEM & SOARツール)が利用できます。
Advanced Ransomware Protection and Recovery - Gworkspace(※3) -
Google Workspace用オプションライセンスです。
Core Ransomware Protectionライセンスの全機能に加え、感染ファイルの隔離が可能です(2023年8月現在)
  • ※1
    Endpoint / M365 bundle: Elite、Endpoint + Gworkspace bundle: Elite と同数分購入いただく必要があります。
  • ※2
    inSync Cloud Enterprise/Elite- M365、Endpoint / M365 bundle: Elite と同数分購入いただく必要があります。
  • ※3
    inSync G Suite Backup - Enterprise/Elite、Endpoint + GWorkspace bundle: Elite と同数分購入いただく必要があります。

その他オプション

製品名 容量
Salesforce Sandbox Seeding -
inSync Cloud Enterprise- SalesforceおよびinSync Cloud Elite- SalesforceへのSandbox追加用ライセンスです。
日本リージョンは未対応です。
Salesforce Archiver -
Salesforceアーカイブ用ライセンスです。単体でも利用可能です。
日本リージョンは未対応です。
Sensitive Data Governance(※1) -
個人情報のガバナンス強化用オプションライセンスです。
High Storage Tier for EP and SaaS(※1) -
ストレージオプションです。ユーザあたりのストレージ容量を50GBから300GB(Bundleライセンスは100GBから300GB)に拡張します。
Storage Expansion for EP and SaaS - 10TB -
ストレージオプションです。10TBの容量拡張が行えます。
本ライセンスは数量1から購入いただけます。
Preserved User -
退職者アカウントのデータを保存します。(新規バックアップジョブは動きません)
エンドポイントおよびクラウドアプリ用ライセンスには、購入数の10%のPreserved Userが含まれています。数量が10%を超える場合、本ライセンスを追加します。
Shared Mailbox -
Exchangeなどの共有メールボックス用追加ライセンスです。
クラウドアプリ(Microsoft 365、Google Workspace)用ライセンスには、購入数の50%のShared Mailboxが含まれています。数量が50%を超える場合、本ライセンスを追加します。
InSync Cloud Cache -
バックアップデータをローカルに一時的に保管する機能を提供します。
  • ※1
    ご利用のMicrosoft 365、Google Workspace、およびBundleのライセンスと同数分購入いただく必要があります。

Phoenixプラン

  • Phoenixは容量課金です。容量は、重複排除後のバックアップエンドの容量で計算します。
  • オンプレ環境への一時保管(最長30日間)による高速化(クラウドキャッシュ機能利用)の場合、専用のソフトウェアキャッシュサーバを用意する必要があります。
  • Enterpriseの追加オプションCloud DRaaSは、VMwareのみ対象です。
Phoenixプラン エディション名 Business Enterprise Elite
バックアップ、アーカイブ、DR
ファイルサーバーのバックアップ
Windows ServerとLinuxのバックアップ
SQLサーバーのバックアップ
MS SQL Serverのアプリ対応バックアップ
VMware/Hyper-V/Nutanix AHVのバックアップ
仮想マシン(VMDK,VMX,VHDX)のバックアップ
NAS/Oracleのバックアップ
グローバル重複排除後の従量課金
クラウドキャッシュ機能
社内サーバーへの一時的な保存による高速化
 
マルチサイト管理のサポート
サーバーやバックアップポリシーの論理分割
(組織ごとやバックアップグループごとに権限を設定する機能です)
 
マルチリージョンのサポート
複数のAWSリージョンを使用可能
(AWS東京とAWSシンガポールなどの異なる拠点でのバックアップが可能です)
 
Cloud DRaaS(ディザスタリカバリ)   オプション
ランサムウェア振舞検知/ランサムウェアリカバリ オプション オプション オプション
Long Term Retention
Amazon Glacier Deep Archiveへデータを移動しデータ保管コスト削減
 

Phoenixライセンス情報

製品名 単位 最小購入数
Business TB 12TB(1TB/月×12か月)
物理・仮想サーバー、DB、NASのバックアップが可能です。
Enterprise TB 12TB(1TB/月×12か月)
物理・仮想サーバー、DB、NASのバックアップが可能です。
クラウドキャッシュ機能、マルチサイト管理機能、マルチリーション利用に対応しています。
Elite TB 12TB(1TB/月×12か月)
物理・仮想サーバー、DB、NASのバックアップが可能です。
クラウドキャッシュ機能、マルチサイト管理機能、マルチリーション利用、ディザスタリカバリに対応しています。
DRAAS Server -
Phoenix Enterprise用オプションライセンスです。
Phoenix Enterpriseでもディザスタリカバリをサーバー単位で利用可能になります。
VMwareのみ対象、1VMあたりの価格です。
Core Ransomware Protection - Hybrid Workloads TB -
Phoenix向けにセキュリティ状況監視を可能にするオプションライセンスです。
セキュリティイベントダッシュボード、異常データ振舞検知(UDA)、ロールバック、API連携(SIEM & SOARツール)が利用できます。
Advanced Ransomware Protection and Recovery - Hybrid Workloads TB -
Phoenix用オプションライセンスです。
Core Ransomware Protectionライセンスの全機能に加え、感染端末の隔離、リストア時のファイルスキャン、キュレートスナップショットが利用できます。