サイト内の現在位置を表示しています。

Office 365 インターネット障害発生時の業務継続を支援

このソリューションを導入すると、インターネット障害発生によって Office 365 が利用できない状況の間、重要/優先度の高い業務のメール/ファイルを参照して業務を進めておく応急対応ができます。お客様のビジネス継続を支援します。

インターネット障害発生による事業リスク

  • インターネット障害発生で
    メールや各種データにアクセス不可、業務が停止
  • 業務再開は障害復旧待ち。
    いつ復旧するか目途もたたない
 
企業活動に
大きな影響
  関連企業との取引が停滞、営業機会損失が発生
 
困難な
事業継続
  業務メール/ファイルは参照不可。企業活動が停滞。記憶に頼った不確実な業務遂行は作業ミスのリスクあり
 

重要な業務は「応急対応」で事業リスクを回避

インターネット障害発生においても、重要商談や販売機会に関わる業務メール/データを使用した営業活動の継続によって機会損失を最小化することが重要です。業務遅延や作業ミスを回避し、業務を「応急対応」で継続するために、一定期間の業務メール/ファイルが参照・利用できる環境の整備が必要です。特に、幹部や営業部門など重要商談や販売機会に関わりの深い経営者・従業員は、事業継続の優先度が高い業務関係者として業務メール/ファイルが参照・利用できることが重要です。

アカウント削除後に、メール/ファイルを参照、長期保管

Office 365 Exchange Online のメールをアーカイブ/ジャーナリング、DneDriveのファイル、SharePointのドキュメントをバックアップしておき一定期間保持しておきます。インターネット障害発生時にメールを参照、ファイルを復旧して利用することで、重要な業務の「応急対応」が可能です。
営業部門、経営幹部など対象を絞ってメールやファイルを一定期間保持するような対応も可能です。

ソフトウェア利用権と時間延長サポートを含むサブスクリプションライセンス

Commvault の Office 365 Exchange Onlineメールアーカイブ、One Driveファイルバックアップ用ライセンスは、それを利用するユーザ数で必要数が決定します。一定期間(1,2,3,4,5年間)のソフトウェア利用権と時間延長サポートが含まれたサブスクリプション(期間限定)ライセンスです。
Commvault の Office 365 SharePointドキュメントバックアップ用ライセンスは、バックアップ対象のTB容量で必要数が決定します。一定期間(1,2,3,4,5年間)のソフトウェア利用権と時間延長サポートが含まれたサブスクリプション(期間限定)ライセンスです。

※PCや各種サーバ、ディスク装置等の価格は含んでおりません。
※金額は2019年11月14日現在のものです。最新価格はお問い合わせください。