サイト内の現在位置を表示しています。

メールやファイルの長期保管・災害対策にクラウドアーカイブを活用

長期間未使用のデータを高性能・高価なストレージ装置(プライマリストレージ)から、より安価なストレージ装置(セカンダリストレージ)へ移動する「アーカイブ」を実施すると、プライマリストレージの空き容量を増やし、ストレージの効率的な利用が図れます。

アーカイブ先のセカンダリストレージとして、容量単価に優れたクラウドストレージを利用するケースがあります。しかし、このケースでは、専用の通信プロトコルと通信コストが課題になることがあります。

アーカイブ製品とゲートウェイ製品の組み合わせにより、システムが複雑化

Amazon S3 など、多くのクラウドストレージは、クライアントと専用の通信方式(REST)を使用します。アーカイブ製品が専用の通信方式に未対応の場合、クラウドストレージへデータ転送を仲介するゲートウェイ製品が必要になるため、システムが複雑化し、コストが高くなります。また、データをそのままクラウドストレージに転送・保存すると、データの転送コストや保管コストがより多く必要です。

Commvault自身がクラウドストレージに直接アーカイブする

Commvault は NEC Cloud IaaS や Amazon S3、Microsoft Azure など多くのクラウドストレージへのデータ転送に対応しています。ディスクやテープなどのアーカイブと同様にクラウドストレージへのアーカイブが可能で、シンプルなクラウドアーカイブ構成を実現します。さらに、アーカイブ転送の際、データを重複排除・暗号化し、最小限のデータのみをセキュアに転送、保管できます。
このように、クラウドストレージへの通信コストと保管コストを削減します。

まとめ

  • クラウドストレージを活用して、データの長期保管・災害対策を実現します
  • Commvault 1製品でメールやファイルをクラウドへアーカイブできます

資料ダウンロード

「メールやファイルの長期保管・災害対策にクラウドアーカイブを活用」について、カタログをPDF形式にてダウンロード頂けます。

DownLoad(PDF)

※ 会員登録(無料)が必要です。

  • 必要な製品・ライセンス・価格については、弊社営業までお問い合わせください。
  • Commvault製品は、Commvault社の「フルサポート」のバージョンを販売しております。「フルサポート」が終了した製品は販売終了しています。