ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. Arcserve UDP Appliance
  5. ソリューション
  6. Office 365バックアップ
ここから本文です。

Office 365 のバックアップ

Office 365 が活用されるケース

Office 365 は様々な業種の企業改革に活用されています。

ワークスタイルの変革   コスト削減   生産性の向上・効率化
  • 在宅勤務
  • どこからでも利用可能
自由なワークスタイル
  • 管理負荷・コスト軽減
  • 社内サーバ削減
  • MS Office費用の削減
コスト(金銭)
  • 外回り営業の効率化
  • 申請業務の効率化
効率化
グローバル利用 組織活性化 工場での活用
  • 海外拠点での利用
  • インフラ不要の海外IT
  • 世界中からの利用
世界中からのアクセス
  • 組織を超えた情報共有
  • 情報共有ルール統一化
  • 個人の見える化
多様なワークスタイル
  • 工場と本社の情報共有
  • 工場の日報効率化
工場

Office 365に関わるリスクや問題

Office 365 の利用には、様々なリスクや問題があります。

災害発生時のデータ損失/
インターネット障害
  ユーザミスや障害等によるデータ損失   退職者データの消失
  • 激甚災害でサービス事業者のサーバ拠点が被災し、データ損失
  • インターネット障害で業務停止
災害によってデータが損失する可能性があります
  • ユーザミスや障害による、メールや各種ファイルの消失
障害や人的ミスによって、データが消失する可能性があります
  • Office 365のアカウント削除後、一定期間経過後にメールボックスが削除されメールは消失
退職者アカウントのデータは、一定期間が過ぎると見られなくなります

重要メールや各種Outlookアイテムが保管されている Exchange Online で問題が発生すると、業務に様々な支障が発生します。

  • メールが参照できない
  • 退職者メールの確認/問題調査ができない
  • 予定表や連絡先などの Outlook アイテムの共有/参照ができない
  • パブリックフォルダのファイル共有や参照ができない
など

Arcserve UDP Appliance による Office 365 のデータ保護

Exchange Online のバックアップ

Exchange Online のメールボックス/パブリックフォルダをバックアップします。

必要なメールや各アイテムを復旧可能

  • メール や 予定表、連絡先、タスク、メモをバックアップ
  • バックアップ対象のアカウントを指定可能。バックアップから除外するフォルダの指定も可能
  • メールボックス単位、各アイテム単位(メール、予定表、タスク等)で復旧
メールを低コストに長期保管
  • Arcserve UDP Appliance にバックアップしたデータを、さらに低コストのテープ媒体へ長期保管。外部保管して年単位の長期保管にも対応
アカウント削除後もメール参照可能
  • Office 365 Exchange Online から Arcserve UDP Appliance へバックアップします退職者アカウントは、不正アクセス防止のため早期にアカウント削除しますが、Office 365では削除アカウントのメールは一定期間経過後(最長一か月後)に削除されます。
  • Office 365 の利用を停止したアカウントのメールも、バックアップから復旧可能
退職者の引き継ぎ漏れメールの復旧や、退職者の問題発覚時のメール調査/証拠保管に有効

災害対策

万が一の災害などによって、バックアップデータを保管したサーバが破損した場合、データの復旧が必要になっても復旧できません。

万が一の災害/障害などに備え、遠隔地にもバックアップを保管

  • バックアップを遠隔地の Arcserve UDP Appliance に自動転送
Office 365 Exchange Online から Arcserve UDP Appliance へバックアップした後、更に遠隔地のArcserve UDPAへ複製します

  • 2次バックアップ先の Arcserve UDP Appliance は、 Arcserve UDP のソフトウェアのバージョンを合わせる必要があるため、弊社までお問い合わせください。

クラウド環境とオンプレミス環境の混在環境に対応

Exchange Online とその他業務システムのバックアップを包括的に保護

1つのアプライアンスで、包括的なバックアップと運用負荷の軽減

  • Office 365 だけでなく、その他業務システム(物理/仮想)のデータも含め、他つ敵にデータ保護
  • 統合コンソールで一括管理し、複雑な運用管理を簡素化 Office365だけでなく稼働系サイトのデータもまとめてバックアップし、遠隔地へ送ることができます。

クラウドを活用して低コストにデータ保管

クラウド活用でコスト低減

  • 2次バックアップ先としてテープやクラウドも指定可能
  • 膨大なメールを低コストに長期保管 Office365のデータを二次バックアップ。

バックアップ時間の短縮

バックアップを3世代保存する場合、3世代を超えた時にもっとも古い増分バックアップとフルバックアップを合成させて更新します。

バックアップの世代数が設定された数(※)を超えると、最も古い増分とフルを合成させてフルバックアップの世代を更新
※ 初期設定は 7 (最大1440個まで設定可)

フルバックアップの実施は初回のみで、以降は増分バックアップだけを行うため、
バックアップ時間の短縮とディスク飼料用の節約が可能

運用イメージ

Exchange Online のデータ保護

Arcseve UDP Appliance で Exchange Online をバックアップ

Exchange Online をプロキシ経由で Arcserve UDP Appliance へバックアップします。

  • プロキシサーバは バックアップを処理する実行サーバです。
  • Arcserve UDP Appliance をバックアッププロキシとして動作可能です。(RPS 兼 プロキシサーバ として動作可)

システム構成例

Exchange Online のバックアップ例

Exchange Online のバックアップシステム構成例です

Arcserve UDP 8200 Appliance ストレージ容量 12TB*(うち 11.7 TB* をバックアップ先として使用可能)
本体製品 品名 価格(税別)
Arcserve UDP 8200 Integrated Backup Appliance (12TBモデル) 5年保守付 ¥ 3,800,000

  • Arcserve UDP Appliance には、Arcserve UDP Advanced Edition のライセンスが含まれています。Office 365 のバックアップに必要なライセンスは Arcserve UDP Appliance に含まれます。バックアップ対象の台数や容量の制限はありません。
  • Arcserve UDP 8200 Appliance でバックアップデータの保管に使用できるストレージ容量は 11.7TB *  です。
  • Arcserve UDP Appliance のみの製品構成例です。正式な見積もりは、別途、弊社営業までご連絡ください。
  • 各製品の仕様、動作要件については、弊社営業までお問い合わせください。
  • * TB = 1,000,000,000,000 bytes

ページの先頭へ戻る