サイト内の現在位置を表示しています。

ActiveImage Protector - 動作環境

ActiveImage Protector 動作環境(旧バージョン)

  • ActiveImage Protector(AIP)はDtoDのバックアップ製品であり、バックアップ保存先にテープデバイスやCD-R/DVD-Rなどの光学メディアに直接バックアップはサポートしておりません。
  • VSSを使用している他のバックアップ製品と共存してテープデバイスへのバックアップは、運用として同時にバックアップを実行しなければ問題ありません。
  • Microsoft Windows Server 2003以降に搭載されたVSS対応のサーバアプリケーションをサポート
    ・Microsoft Exchage Server 2003以降
    ・Microsoft SQL Server 2003以降
    ・Oracle 11g以降
  • LinuxのMySQLデータベースのオンラインバックアップ、LVMで構築したディスクの一括バックアップに対応
  • VSSに対応していないデータベースのバックアップ
    データベースのサービスを停止してからバックアップを行うか、あるいはAIPの製品CDからコンピュータを起動してバックアップを行ってください。AIPの「高度な設定」オプションを使用して、データベースの停止/再起動を自動化するスクリプトを組み込むことが可能です。

ActiveImage Protector 3.5 for Express5800/ft Virtual new window 開発元サイト システム要件ページ
ActiveImage Protector 3.5 for Express5800/ftサーバ new window 開発元サイト システム要件ページ
ActiveImage Protector 3.5 for CLUSTERPRO Windows new window 開発元サイト システム要件ページ
ActiveImage Protector 3.5 for CLUSTERPRO Linux new window 開発元サイト システム要件ページ
ActiveImage Protector 3.5 for Express5800/CloudModel new window 開発元サイト システム要件ページ
ActiveImage Protector 3.5 Server Edition new window 開発元サイト システム要件ページ
ActiveImage Protector 4.5 Linux Edition new window 開発元サイト システム要件ページ
ActiveImage Protector 3.5 Desktop Edition new window 開発元サイト システム要件ページ
ActiveImage Protector 3.5 Virtual Edition new window 開発元サイト システム要件ページ
ActiveImage Protector 3.5 for Hyper-V with SHR new window 開発元サイト システム要件ページ
ActiveImage Protector 3.5 for Hyper-V Enterprise new window 開発元サイト システム要件ページ
ActiveImage Protector 3.5 Cluster Edition new window 開発元サイト システム要件ページ
ActiveImage Protector 3.5 IT Pro Edition new window 開発元サイト システム要件ページ