ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. NEC 自動応答
  4. 導入効果
ここから本文です。

NEC 自動応答 - 導入効果

利用イメージ

社内従業員向けコンタクトセンター業務支援

従業員からの社内システム、手続きに関する質問に回答します。

【課題】
  •  ・社内のインフラ、システムなどの問合せが多く、オペレーターコストが増大。
  •  ・質問者(従業員)が問い合わせ窓口を探したり、回答を待たされたりすることにより、本業に集中できない。
【導入効果】
  •  ・精度の高い回答による問合せ対応コスト削減、CS向上。

社内ヘルプデスクの適用例

社外ユーザー向けコンタクトセンター業務支援

サービス利用時に発生した、エンドユーザーの不明点に回答します。また、商品の推薦などの情報を提供します。
【課題】
 ・夜間、休日の問合せ窓口が無く、CS低下となっている。
 ・簡単な問合せもオペレーターが受けているため、リソースの効率化が図れない。
 ・問合せのチャネルとして使なれたチャットツール(チャット)が利用できない。
【導入効果】
 ・自動応答による問合せ対応コスト削減。
 ・24時間365日対応によるCS向上。

【商品の推薦の例】
社外顧客向け コンタクトセンタ業務支援
※対話型は2018年度上期リリース予定の次バージョンで対応予定。

導入効果

NECグループ向けコンタクトセンターで試行的に適用しました。その結果、各問合せに対して抽出された回答案の正答率が90%以上であり、オペレーターの作業時間を30%以上削減できる見込みを得ました。

【関連情報】
NEC、AI技術を活用し、コンタクトセンター業務を革新する「自動応答ソリューション」を発売

資料請求・お問い合わせ


ページの先頭へ戻る